このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

MyFrenchFilmFestival.com

27 1月 2016 へ 12:17

マルジャン・サトラピが審査員メンバーに!

フランスの映画監督でイラン出身のマルジャン・サトラピ。奇想天外なオリジナルの世界を創り出し、私たちを楽しませてくれるサトラピが、審査員として「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(myFFF)」に参加しています!

イラン出身で、人権擁護活動家としても知られる漫画家、映画監督のマルジャン・サトラピ。バンド・デシネ(BDと呼ばれるフランスの漫画)がすべての活動の原点でした。
2007年、ヴァンサン・パロノーと共に自身の自伝的BD作品「ペルセポリス」を映画化し、モノクロアニメーション作品として制作。同年のカンヌ国際映画祭審査員賞、そして2008年セザール賞でも新人監督賞および脚色賞を受賞しました。

2011年には、同じくヴァンサン・パロノーと共に、やはり自身のBD作品「チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢」を映画化。実写による脚色で、マチュー・アマルリックが主演を務めました。続いて制作したのは、マリア・デ・メディロスを主演に迎えたコメディーで、スポーツマンから転身したプロの殺し屋集団を描いた快作「La Bande des Jotas」(日本未公開)でした。 

2014年監督の新作「ハッピーボイス・キラー」(アメリカ・ドイツ製作)は、ライアン・レイノルズ、ジェマ・アータートン、アナ・ケンドリック出演の異色のブラックコメディー。日本では2015年9月19日に公開されました。

そして現在とり組んでいるのは、ロマン・プエルトラスのベストセラー小説 『IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅』 の映画化作品。完成が待たれるところですが、まずは、第6回「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(myFFF)」の審査員として、フェスティバルを盛り上げていただきましょう!

Author : 広報部

最終更新日 : 05 2月 2016 へ 12:17 CET

Linked to this news article

Linked films (3)

Linked individuals (4)

Linked events (1)

media - Poster MyFFF 2016 - french

MyFrenchFilmFestival.com - 2016

タイプ別検索 : ユニフランス(主催)映画祭

テーマ : フランス映画