このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

04 2月 2016 へ 15:51

第6回「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」 記録的スタート!

UniFrance 主催のオンライン映画祭、第6回「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(myFFF)」は、開催から15日間の視聴回数が世界で250万回を超えるという、記録的スタートを切りました。

 

エッフェル塔でのローンチ・パーティーにて、審査委員長を務めるデンマーク人映画監督、ニコラス・ウィンディング・レフンによって開幕が告げられ、2016年1月18日、第6回「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(myFFF)」が世界で一斉にスタートしました。世界に先駆けて始まったこのオンライン映画祭、6回目の開催を迎える今回は、フェスティバル初年以来最高のスタートを記録しています。

公式サイトおよびパートナーサイトのプラットフォームでの視聴回数が、15日間ですでに250万回以上を数え、これまでの記録を塗り替えようとしています。

「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」予告クリップの再生回数も、これまでに110万回を超える勢いです。

第6回「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」は2月18日までの開催です。公式サイトでは、コンペティション部門で長編、短編各10本、ほか特別配信作品としてクラシック作品1本を配信中。テレフィルム・カナダおよびワロニー・ブリュッセル・イマージュの協力により、カナダフランス語圏ケベックの作品とベルギー作品も配信中です。

フェスティバルのフィナーレには、映画関係者審査員によってショパール賞が選出されます。今年は審査員メンバーとして、委員長のニコラス・ウィンディング・レフンをはじめ、ベルギー・フランダース出身の映画監督フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン (「あきれた日常」、「オーバー・ザ・ブルースカイ」)、フランスの女性監督でイラン出身のマルジャン・サトラピ (「ペルセポリス」、「チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢」、「ハッピーボイス・キラー」)、フランス人女性監督ヴァレリー・ドンゼッリ (「彼女たちの宣戦布告」、「Marguerite et Julien (マルグリットとジュリアン)」)、そしてデヴィッド・ロバート・ミッチェル(「イット・フォローズ」)が参加。

また、5人のジャーナリスト審査員によって選出される国際報道機関審査員賞、観客の評価によって選定されるラコステ賞(一般観客賞)も同時に発表されます。

 

Author : 広報部

最終更新日 : 12 2月 2016 へ 15:51 CET

Linked to this news article

関連会社 (3)

media

Telefilm Canada

活動 :  海外製作作品

映画以外の活動 :  機関

最近のフィルモグラフィー : , The Young and Prodigious Spivet, Adoration, ...

media

UniFrance

活動 :  製作代表

映画以外の活動 :  Cultural/professional organization

最近のフィルモグラフィー : 4 X D

media

Wallonie-Bruxelles Images (WBI)

活動 :  海外製作作品

映画以外の活動 :  Cultural/professional organization

最近のフィルモグラフィー : Ils ne mourraient pas tous mais tous etaient frappes / 仮題:彼らはみんな死にまでは至らなかったけれどもみんな苦しんでいた, La Raison du plus fort, , ...

Linked events (1)

media - Poster MyFFF 2016 - french

MyFrenchFilmFestival.com - 2016

タイプ別検索 : ユニフランス(主催)映画祭

テーマ : フランス映画