このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

MyFrenchFilmFestival.com

04 2月 2016 へ 23:24

ヴァレリー・ドンゼッリが審査員メンバーに!

今もっとも煌めいているフランス人女性監督のひとり、ヴァレリー・ドンゼッリが、審査員として「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」に参加しています!

 

女優であり映画監督であるヴァレリー・ドンゼッリ。「シネマテーク・フランセーズ」に勤務した後、女優としての活動を開始、アンヌ・フォンテーヌジル・マルシャンアニエス・ヴァルダらの作品に出演しました。2009年には初の長編作品 『彼女は愛を我慢できない』 を制作。自身が主演を務めたこの作品は、アンジェ映画祭(Premiers Plans d’Angers)に出品されました。

第二作目 『彼女たちの宣戦布告』 は、生まれた子供に病気が見つかり奮闘する若いカップルを描いたオートビオグラフィーで、実生活でもパートナーであるジェレミー・エルカイムが相手役の主演を務めました。この作品は、2011年カンヌ国際映画祭批評家週間のオープニングで上映されたほか、カブール映画祭グランプリ、パリ・シネマ・フェスティバルで審査員賞および一般観客・ブロガー賞を獲得し、80万人の観客動員数を記録するヒット作となりました。

2012年にはヴァレリー・ルメルシエを主演に迎え、パリ・オペラ座を舞台にした 『Main dans la main(手に手をとって)』 を制作。2015年カンヌ国際映画祭コンペティション部門に新作 『Marguerite & Julien(マルグリットとジュリアン)』 が出品されました。

Author : 広報部

最終更新日 : 06 2月 2016 へ 23:24 CET

Photos (2)

Linked to this news article

Linked films (4)

Linked individuals (6)

Linked events (1)

media - Poster MyFFF 2016 - french

MyFrenchFilmFestival.com - 2016

タイプ別検索 : ユニフランス(主催)映画祭

テーマ : フランス映画