このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

MyFrenchFilmFestival.com

24 1月 2017 へ 03:13

レベッカ・ズロトヴスキが「MyFFF」審査員メンバーに!

『 美しき棘 』、そして最新作『 プラネタリウム(原題)』も話題のフランス人女性監督、レベッカ・ズロトヴスキが、審査員として第7回「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)」に参加しています!

監督、脚本家として活躍中のレベッカ・ズロトヴスキは、輝かしい学歴の持ち主でもあります。難関のグランゼコール、高等師範学校に学び、文学のアグレガシオン(大学教授資格)を取得。その後2003年に、世界的に名高い映画学校 La fémis (ラ・フェミス ― フランス国立映像音響芸術学院)のシナリオ科に入学します。

当初、卒業プロジェクトの一環として制作された長編初監督作 『 美しき棘 』は、瞬く間に周囲の高い評価を受け、カンヌ映画祭批評家週間の上映作品にセレクトされました。ズロトヴスキはこの作品で2011年ルイ・デリュック賞新人賞を受賞。主演のレア・セドゥは、同じ年のセザール賞有望女優賞にノミネートされています。

監督として自身の作品をつくり続ける一方、脚本家としても、テディ・リュッシ=モデストの『 Jimmy Rivière 』(出演:ギヨーム・グイベアトリス・ダル)や、フィリップ・グランドリューの『 Malgré la nuit 』のシナリオを書き上げています。

2013年には長編第2作 『 グランド・セントラル 』とともにカンヌの舞台に再び登場。タハール・ラヒムレア・セドゥを主演に迎えたこの作品は、「ある視点部門」に出品されました。

第3作目となる新作 『 プラネタリウム(原題)』は、インターナショナルな展開となっており、ナタリー・ポートマンリリー=ローズ・デップが競演。2016年ヴェネツィアおよびトロント国際映画祭でワールドプレミアが行われ、日本でも2017年に公開の予定です。

レベッカ・ズロトヴスキも参加する審査委員会が選ぶ、「映画関係者審査員賞」は、2月13日に発表されます。

Author : 広報部

最終更新日 : 25 1月 2017 へ 03:13 CET

Linked to this news article

Linked films (5)

Linked individuals (9)

関連会社 (1)

media

La fémis

活動 :  共同製作, 製作代表

映画以外の活動 :  映画関連の学校

最近のフィルモグラフィー : A Night in Séoul, After The Ispeguy Pass, Anger, ...

Linked events (4)

media

カンヌ 批評家週間 - 2011

タイプ別検索 : 長・短編映画祭

テーマ : 総合

media

セザール賞(フランス映画) - 2012

タイプ別検索 :

テーマ : フランス映画

media

Cannes International Film Festival - 2013

タイプ別検索 : 長・短編映画祭

テーマ : 国際映画祭

media

TIFF - 2016

タイプ別検索 : 長・短編映画祭

テーマ : 総合