世界中どこからでも、最高のフランス映画をお楽しみください!

 

行こう !

 

世界中どこからでも、最高のフランス映画をお楽しみください!

 

行こう !

 

世界中どこからでも、最高のフランス映画をお楽しみください!

 

行こう !

 

世界中どこからでも、最高のフランス映画をお楽しみください!

 

行こう !

 

世界中どこからでも、最高のフランス映画をお楽しみください!

 

行こう !

 

世界中どこからでも、最高のフランス映画をお楽しみください!

 

行こう !

 

世界中どこからでも、最高のフランス映画をお楽しみください!

 

行こう !

このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

MyFrenchFilmFestival.com

13 1月 2017 へ 15:08

第7回「MyFFF」開幕しました!

昨年2016年には、視聴回数650万回を記録する大成功を収めた「マイ・フレンチ・フィルム・フェエスティバル(MyFFF)」が今年もまたスタートしました。第7回「MyFFF」では、長編も短編も、さらに激しく心に響く作品が顔を揃え、最強のラインナップとなりました。さっそく映画監督審査員メンバーの名とともに、チェックしていきましょう!

昨夜、パリのコンコルド広場にある「オートモビルクラブ」で開催されたローンチ・パーティーにて、アルゼンチン映画監督パブロ・トラペロがフェスティバルの開幕を告げました。パブロ・トラペロは、『El Bonaerense』や『ハゲ鷹と女医(Carancho)』といった作品で注目を浴び、アルゼンチンの「ヌーヴォー・シネマ」を担う監督の一人と評されました。昨年公開された傑作『エル・クラン』により、トラペロの存在は、今日もっとも高い評価と期待と受けている南米監督として不動のものとなりました。第7回「MyFFF」では、そのパブロ・トラペロが審査委員長を務めます。

トラペロと共に名を連ねている審査員メンバーもまた、世界的に活躍する国内外の映画監督たちです。『De la guerre(戦争について)』、『サンローラン』、『メゾン ある娼館の記憶』、そして最近では『ノクトラマ / 夜行少年たち』が注目を集めたフランス人監督、ベルトラン・ボネロ、また、同じくフランス人で女性監督のレベッカ・ズロトヴスキは、最新作『プラネタリウム(原題)』が2016年トロント国際映画祭(TIFF)でワールド・プレミア上映されたばかりです。ベルギーからは、『変態村(原題:Calvaire)』や、昨年2016年の「MyFFF」で映画関係者審査員賞を受賞した『Alléluia』などが知られるファブリス・デュ・ヴェルツが参加。また、姉で女優のロニ・エルカベッツと共同監督で制作した三部作、『To Take a Wife (仏題:Prendre femme)』、『Seven days (仏題:Les Sept jours)』、『Gett, The Trial of Viviane Amsalem (仏題:Gett – Le procès de Viviane Amsalem)』が高い評価を受けたイスラエル人映画監督、シュロミ・エルカベッツの名も…!

 

さあ、2017年の最新ラインナップはこちらです!フランス映画の多様性を象徴するいくつかのテーマ別に、長編も短編も一緒にご紹介していきます。

 

21世紀と共に成長する

成長する?それは素晴らしいことですが、いったいどんな環境で?ファンタズム、性の衝動、タブーの侵犯…。「Coming of age」セレクションでは、そんなキーワードを巡る若者たちの旅を追います。

Coming of age」セレクション作品 :

 

家族の物語

ジャン=リュック・ゴダールも、フランソワ・トリュフォーも、フランソワ・オゾンも、アルノー・デプレシャンも、フランス映画の巨匠たちは、いつでも「家族」を描くことに向き合ってきました。笑いあり、涙あり、ささいな出来事によってひとつにまとまったり、散り散りに分裂したりする「家族」の姿を見つめます…。

We are family」セレクション作品 :

 

フランス流 センチメンタリズム

出会い、そして出発。互いに結びつくことを、または解消することを選ぶ人々。旅立つのか、とどまるのか、一人で道を進むのか、誰かと共に歩むのか…。選択の時はやってくる。

Love & Friendship」セレクション作品 :

 

狂気の淵へ

フランス映画に描かれる、頭に血が昇った主人公たち。運命に翻弄され、もがき苦しむ人物たちもまた、私たちを魅了してやみません。復讐や贖罪に憑りつかれた人々の果てなき執着を追います。

Psycho」セレクション作品 :

 

フランス女

凛とした気概と、洗練された上品さを持ち、いつでも時代の先端を行く…。「フランス女」とは、もはや世界がその幻想を共有する、神話化された存在と言えるのではないでしょうか。彼女たちは映画の世界でももちろん特別な存在です。カメラの前でも、後ろでも、それぞれに魅力的な「フランス女」たちが活躍しています。

A Woman's life」セレクション作品 :

また、フランソワーズ・ドルレアック没後50年にあたる今年、「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」は、この伝説的女優へのオマージュとして、彼女の姿を収めた未発表フィルムを一部公開いたします。『 4XD - フランソワーズ・ドルレアック』は、1964年、ユニフランスの依頼を受け、当時はまだ新人監督だったフィリップ・ラブロが撮影したプロモーション・フィルムです。世界中の映画ファンのみなさまに、今回は「MyFFF」公式サイトMyFrenchFilmFestival.com限定で特別配信いたします!

 

ちょっぴり大人の「ナイトショー」 (お子さまはご遠慮ください…!)

今回の「MyFFF」では、コンペティション外の特別配信作品の中から「Midnight Screenings」と題して一風変わったクセのある作品たちをご紹介します。流血シーンにセックス…いえいえ、何よりもご注目いただきたいのはそのユーモアのセンスです!ちょっぴり大人の「ナイトショー」セレクションは、「MyFFF」公式サイトMyFrenchFilmFestival.comのみの限定無料配信です。

 

あなたはどの作品から観ますか?ご視聴はこちらから!

出品作品のリストや詳細など、第7回「MyFFF」に関するすべての情報をフェスティバル公式カタログからご覧いただけます。

Author : 広報部

最終更新日 : 16 1月 2017 へ 15:08 CET

Download

Linked to this news article

Linked films (40)

Linked individuals (45)

Sorry, your search returned no results.

Show more

Show less

関連会社 (4)

Swiss Films

映画以外の活動 :  機関

media

Telefilm Canada

活動 :  海外製作作品

映画以外の活動 :  機関

最近のフィルモグラフィー : , The Young and Prodigious Spivet, Adoration, ...

media

UniFrance

活動 :  製作代表

映画以外の活動 :  Cultural/professional organization

最近のフィルモグラフィー : 4 X D

media

Wallonie-Bruxelles Images (WBI)

活動 :  海外製作作品

映画以外の活動 :  Cultural/professional organization

最近のフィルモグラフィー : Ils ne mourraient pas tous mais tous etaient frappes / 仮題:彼らはみんな死にまでは至らなかったけれどもみんな苦しんでいた, La Raison du plus fort, , ...