このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

MyFrenchFilmFestival.com

26 1月 2017 へ 16:24

「A Woman's Life」セレクション作品のご紹介

いつの時代にも、それぞれの人生を自分らしく生きる女たち。彼女たちの見事な生きざまをどうぞご覧ください。

凛とした気概と、洗練された上品さを持ち、いつでも時代の先端を行く…。「フランス女」とは、もはや世界がその幻想を共有する、神話化された存在と言えるのではないでしょうか。彼女たちは映画の世界でももちろん特別な存在です。カメラの前でも、後ろでも、それぞれに魅力的な「フランス女」たちが活躍しています。

 

A Woman’s Life」セレクション作品 :

「大好きな作品。心を動かすものがあって、喜びも悲しみもたくさんつまっている。まさに人生そのもの。この映画の中の、どんな困難でもなんとかして乗り越えていくフランス人たちが大好きです。」@ЮлечкаТитова (ロシア)

「繊細で、感性が高く、象徴性に富んでいる…。解放する力のある作品。」 @AntonioRamosDaSilva (アルゼンチン)

「この素晴らしい作品をつくった制作チームに賞賛を贈る。20分という短い時間ではあっても、主人公の少女アイダに完全に入り込んでしまった。彼女が泣けば、私も泣き、アイダの痛みがすべて自分のことのように感じられた。小さくても立派な女優だ…。」 @JuanseSanchez (コロンビア)

「ニナ・マゾディエは、素晴らしい、そして衝撃の逸材。」 @ElizabethLecourt (イギリス)

「新鮮な魅力とひらめきが溢れる秀作。」 (LES INROCKS 「レ・ザンロキュプティーブル(レ・ザンロック)」誌)

「こんなに素晴らしい女優を、私は知らなかった…」  @MelanieAnayaRodriguez (コロンビア)

フランソワーズ・ドルレアック没後50年にあたる今年、「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」は、この伝説的女優へのオマージュとして、彼女の姿を収めた未発表フィルムを一部公開いたします。『 4XD - フランソワーズ・ドルレアック』は、1964年、ユニフランスの依頼を受け、当時はまだ新人監督だったフィリップ・ラブロが撮影したプロモーション・フィルムです。世界中の映画ファンのみなさまに、今回は「MyFFF」公式サイトMyFrenchFilmFestival.com 限定で特別配信いたします!

 

 

Author : 広報部

最終更新日 : 26 1月 2017 へ 16:24 CET

Videos

Linked to this news article

Linked films (6)

Linked individuals (13)

関連会社 (1)

media

UniFrance

活動 :  製作代表

映画以外の活動 :  Cultural/professional organization

最近のフィルモグラフィー : 4 X D