このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

要約

07 12月 2004 へ 12:05

フランス映画の最新情報-2004年11月のボックスオフィス

フランス映画の成功を確信できる36の理由。
「36 quai des Orfevres (仮題:パリ警視庁)」の非常に好調なスタート(公開第一週で65万2千人を超える観客を動員)、そして大成功が確実となった「Un long dimanche de fiancailles (ロング・エンゲージメント)」のおかげで、フランス映画は11月末時点のマーケットシェアが38%に達しました。フランス映画にとっては成功の一ヶ月となった10月も含め、2004年最後の3ヶ月間は非常に満足できる結果となることでしょう。

素晴らしい配役、549コピーで11月24日Gaumont 配給により好調なスタートを切ったOlivier Marchal 監督作長編映画「36 quai des Orfevres」はヒット作間違いなしで、当然の結果として公開当初の成績は期待にこたえるものとなっています。実際LGM と Gaumont 製作、Gaumont の配給、販売による本作品は公開一週目にして既に動員数65万2千人を記録し、週間売上チャートの第二位にランクインしています。映画館毎の平均観客動員数が1188人と素晴らしい本作品は、まもなくフランスでの動員数が100万人の大台を超え、それも大ヒット作への第一歩に過ぎないと考えられます。Daniel Auteuil やAndre Dussollier らの才能と結びついて強力となったGerard Depardieu の醸し出す魅力が、またしても証明されたと言うわけです。社会通念とはうらはらに、映画館での「刑事もの」というジャンルの将来がまだまだ明るいことの証です。これらの好結果に、Gaumont から本作品を購入した数多くの海外バイヤーの皆様もお喜びのことでしょう。

10月末に既に予想していた通り、「Un long dimanche de fiancailles (ロング・エンゲージメント)」もまた素晴らしいスコアを記録しています。Warner Bros 配給、第5週目にして4百万人を超える観客を動員しているJean-Pierre Jeunet 監督待望の長編映画は「Les Choristes (コーラス)」に次いで今年第二位の大成功したフランス映画となりました。フランスは Jean-Pierre Jeunet - Audrey Tautou という素晴らしいデュオを再び温かく迎え入れ、本作品は2004年のヒット作チャート第5位にランクイン。公開終了時までに動員数500万人を超えた作品の仲間入りをすることが期待されています。事実公開5週目に入っても動員数30万人と増えつづけているのです。なお、本作品は海外でも数カ国で公開が開始され、素晴らしいヒットとなっています。

今月注目の作品、Philippe de Broca 監督最後の長編作「Vipere au poing」。フランスではRezo Films が配給し、海外セールスはPyramide International が担当した本作品は動員数110万人近くに達したのですから、Folcoche (注:いかれたブタ、作品中の登場人物)も観客には怖くありません。「Cartouche (大盗賊)」、「L’Homme de Rio (リオの男)」、「Les Tribulations d’un Chinois en Chine (必死の大逃亡)」、「Le Bossu (愛と復讐の騎士)」等の有名作品を世に出した後、最後のヒット作と共に Philippe de Broca 監督とお別れすることになりました。

もう一作、価値が見直される刑事ものをテーマにヒットした長編映画「Banlieue 13」。脚本担当 Luc Besson 、Pierre Morel 監督による本作品は公開開始後24時間で85万人の観客を動員。製作、配給、販売をEuropaCorp が担当しており、月間売上チャート第3位にランクインしています。

忘れてはならないのがGaumont 配給、Alain Berberian 監督によるコメディ「L’ Enquete corse (仮題:コルシカン・ファイル)。10月に既に素晴らしい記録となりましたが、11月に入ってからも動員数250万人近くと好調です。本作品は8週目に入っても約5万5千人を動員しており、スコアはたやすく250万の大台を超えると見られています。またこちらも忘れてはならない「 Les Choristes (コーラス)」、850万の大台を超えました!

以上の素晴らしい結果により、フランス映画のマーケットシェアは11月末時点で38% となっており、前年度平均をわずかに上回っています。その影響から、映画館に通う観客数も1億5650万人で、前年度の同時期より15% 上回る値となりました。


2004年1月以来公開されたフランス映画のトップ10


作品名公開コピー数*入場者数総売上(百万ユーロ)
Les Choristes(コーラス)*3月3268 502 02746.8
Un long dimanche de fiancailles(ロング・エンゲージメント)10月7074 034 39822.2
Podium(スターは俺だ!)2月5543 559 51219.6
Deux freres(トゥー・ブラザーズ)3月7393 317 67918.2
Les 11 Commandements2月 5012 966 34816.3
L’ Enquete Corse10月5072 496 99013.7
Les Rivieres pourpres 2 - Les anges de l'Apocalypse(クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち)2月6502 090 01011.5
Mariages !(マリアージュ!)4月1002 008 11911.0
Double zero6月5951 850 03110.2
RRRrrrr !!!1月7751 703 1259.4

* 公開スタート時のコピー数

Author : 広報部

最終更新日 : 01 10月 2015 へ 12:05 CEST