このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

24 3月 2005 へ 16:55

第二回フランス映画のパノラマ、4月7日から中国で開催

Unifrance と在中国フランス大使館はフランス・中国交流年名誉委員会の協力を得て、2005年4月7日から12日まで、中国で第二回フランス映画のパノラマを開催します。

最近製作されたフランス映画計12作がプレスや一般客に紹介されます。上映される作品一覧:
Jean-Paul Salome 監督作「Arsene Lupin / アルセーヌ・ルパン」
Pierre Morel 監督作「Banlieue 13 / 仮題:バンリュー13」
Xavier Durringer 監督作「Chok-Dee / 仮題:チョク・ディー」de
Philippe Lioret 監督作「L’ Equipier / 仮題:メンバー」
Steve Suissa監督作「Le Grand role / 仮題:大役」
Eric Toledano、Olivier Nakache 監督作「Je prefere qu’on reste amis / 」仮題:友だちのままで」
Gilles Legrand 監督作「Malabar Princess / 仮題:マラバル・プリンセス」
Luc Jacquet 監督作「La Marche de l’empereur / 皇帝ペンギン」
Jonathan Nossiter 監督作「Mondovino / モンドヴィーノ」
Lorraine Levy 監督作「La Premiere fois que j’ai eu 20 ans / 仮題:初めて20歳になったとき」
Arnaud Desplechin 監督作「Rois et reine / 仮題:王と王女」
Bernard Rapp 監督作「Un petit jeu sans consequence / 仮題:取るに足らない遊び」

これらの作品は、北京CCPPC 大ホール(1074席)、王府井スターシティ・シネマ(300席)、上海(フィルムアーツセンター、ステラー・シネマ)、南京(ヘー・ピンシネマ、ダー・フアシネマ)、成都、武漢での上映が予定されています。

Unifrance の会長、Margaret Menegozはアーチスト、映画業界関係者20数名からなるフランス代表団を率います。参加者:Jean-Paul Salome、Pascal Greggory (Arsene Lupin)、Pierre Morel、Cyril Raffaelli、David Belle(Banlieue 13)、Xavier Durringer、Dida Diafat(Chok Dee)、Philippe Lioret、Philippe Torreton (L’Equipier)、Eric Toledano、Olivier Nakache、Jean-Paul Rouve(Je prefere qu’on reste amis)、Gilles Legrand(Malabar Princess)、Luc Jacquet(La Marche de l’empereur)、Catherine Jacob、Marilou Berry(La premiere fois que j’ai eu 20 ans)、Arnaud Desplechin(Rois et reine)、Bernard Rapp(Un petit jeu sans consequence)、Pathe 取締役会長Jerome Seydoux、フランス映画・製作会社国立委員会会長Frederic Brillion(Epithete Films)、映画輸出会社代表Gregoire Melin(EuropaCorp)、同Saya Huddleston(StudioCanal)。

中国人ゲストがフランス映画を紹介する4月7日のオープニングセレモニーは、パノラマのハイライトの一つです。ゲスト:Yang Erche Namu(作家)、He Ping(映画監督)、Lu Chuan(映画監督)、Wang Ya Nan(TV俳優)、Li Shao Hong(映画監督)、Gu Chang Wei(2005年ベルリン映画祭で銀の熊賞を獲得したPeacock の監督)、Qi Hai Lu(女優)、Yu Nan(女優、Karim Dridi監督作「Fureur / 激情」に出演)、Zhao Wei(女優)、Tan Xue(2004年銀賞受賞)、Liu Fan Lei(TV司会者)。

Margaret Menegoz、Jerome Seydoux、Frederic Brillion の三者は北京滞在中、SARFT(中国国家広播電影電視総局)の映画局責任者、チャイナ・フィルムや北京の映画系統館代表らとの会談を予定しており、デジタル映画に関するセミナーにも出席予定です。一方映画監督らには特に大学の観客との出会いの場が設けられます。

問い合わせ: Unifrance 広報、Caroline Aymar- 電話:+33 (0)1 47 53 27 37 – メール: caroline.aymar@unifrance.org

Author : 広報部

最終更新日 : 16 10月 2009 へ 16:55 CEST

Linked to this news article

Linked films (13)

Linked individuals (25)

関連会社 (3)

media

Epithète Films

活動 :  製作代表

最近のフィルモグラフィー : , , , ...

media

EuropaCorp

活動 :  Film exports/foreign sales, 共同製作, フランス国内配給, 製作代表

最近のフィルモグラフィー : , , , ...

media

StudioCanal

活動 :  エグゼクティブプロダクション, Film exports/foreign sales, 共同製作, フランス国内配給

映画以外の活動 :  ビデオ編集

最近のフィルモグラフィー : , , , ...

Linked events (1)

media

Tetouan - International Festival of Mediterranean Cinema - 2005

タイプ別検索 : 長・短編映画祭

テーマ : 地中海映画

地域ゾーン (1)