このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

要約

12 5月 2005 へ 12:04

フランス映画の最新情報-2005年3月・4月のボックスオフィス

成功の波に乗ったJames Huth 監督作「Brice de Nice / 仮題:ニースのブリス」、Jean Dujardin 主演の本作品は360万人の観客を動員し、コメディ、スリラー、アート系作品が顔を合わせるフランスのボックスオフィスの第一位に輝きました。

2005年も例年に並び、予想外の作品が大ヒットを飛ばします。インターネットの効果により、確かにリリース前の数週間から“Brice de Nice 現象”の兆しが感じられてはいました。しかし、オスカーで4部門を受賞したClint Eastwood の最新作からボックスオフィス首位を奪うとなると…。「Serial Lover / シリアル・ラヴァー」に次ぐJames Huth 監督の第二作目となる本作品は、550コピーで4月6日に公開が始まってから1ヶ月弱で360万人を動員し、特にフランス映画でヒット作続きの配給元、TFM の喜びもひとしおです。ところで本作の最高のパフォーマンスといえば、主役を演じるJean Dujardin 。元々テレビの短編シリーズ「Un gars, une fille」で注目を集めた若き俳優ですが、十数年前にカフェ・テアトルで彼自ら創り出した役を映画用に書き換えて、これからは映画スターの仲間入りです。リリースされた週には、Clovis Cornillac (2005年セザール賞最優秀助演賞)やElodie Bouchez を従えて既にカルトと化したBrice/Jean Dujardin のセリフ回しを見ようと急ぐ観客140 万が映画館に足を運びました。予算530 万ユーロ、製作は Mandarin Film 、海外セールスは TF1 International が担当しています。

ここ数週間の傾向として、ボックスオフィスの最上位には至らないものの、大予算映画の狭間で数本のフランス映画が頭角を現しています。

こちらもコメディの Cecile Telerman 初監督作品、「Tout pour plaire / 35歳とサムシング」は Diaphana 配給により3月16日に318コピーでリリースされて以来、約140万人を動員しました。魅力たっぷりのフランス人女優 Judith Godreche 、Mathilde Seigner 、Anne Parillaud の3人が共演する本作品の製作はLa Mouche du Coche、Les Films de la Greluche、セールスは TF1 International が担当しています。

ジャンルは異なりますが、Pascal Thomas 監督の新作「Mon petit doigt m’a dit / 仮題:誰に聞くわけでもなく」もまた素晴らしい動員数を記録しています。UGC Distribution の配給の下、Agatha Christie の作品を映画化した本作品は4月13日307コピーで公開を開始し、5月中に動員数100万を記録するとみられます。Andre Dussollier と、監督とは3度目になる Catherine Frot が共演する本作品は同監督が所有する Ah ! Victoria Production が製作を、UGC International がセールスを担当しています。

そしてもう一作、公開終了時には動員数100万に達するとみられる Jacques Audiard 監督の謎めいたタイトルの新作「De battre mon coeur s'est arrete / 仮題:止まった鼓動」。3月16日UGC Distribution の配給により公開がスタートしましたが、5月初めに86万人を動員し、口コミにより評判は広がって長期間の上映となっています。Why Not Productions が製作を担当した本作品では、Jacques Audiard の采配により Romain Duris、Aure Atika、そして3年前にヒットした「Sur mes levres」の Emmanuelle Devos らが出演しており、Celluloid Dreams により既に数カ国に販売されました。

スリラーでは Sophie Marceau と Yvan Attal という驚きの配役が話題のJerome Salle 初監督作品「Anthony Zimmer / 仮題:アントニー・ジマー」が快調なスタートを遂げています。Mars Distribution の配給により325館でリリースされた本作品は10日間で約50万の動員数を記録し、この快調なペースが続くと見られます。Fidelite、Alter Film が製作を担当、StudioCanal がセールスを担当しています。同じくスリラー、製作配給 Gaumont 、Jean Reno 主演、Chris Nahon 監督作「L’ Empire des loups / 仮題:狼たちの帝国」は15日間で60万人を動員しました。

Roschdy Zem 主演、Radu Mihaileanu 監督の新作「Va, vis et deviens / 仮題:Go, live and become」の活躍も見逃せません。2時間半という上映時間の長さにもかかわらず、一ヶ月で約30万人を動員しています。Les Films du Losange がフランス国内の配給を、海外セールスは Films Distribution が担当しています。



2005年1月以来公開されたフランス映画のトップ10

作品名公開開始日コピー数 *入場者数興行成績(百万ユーロ)
Brice de Nice4月6日550330万人18.2
Iznogoud2月9日664250万人13.7
Espace detente2月2日565180万人9.8
La Marche de l’empereur1月26日412180万人9.7
Tout pour plaire3月16日318140万人7.6
Boudu3月9日455120万人6.4
L’ Ex-femme de ma vie2月2日36891万人5
De battre mon c?ur s'est arrete3月16日21086万人4.7
L’ un reste l’autre part1月12日26186万人4.7
Mon petit doigt m’a dit4月13日30782万人4.5

Author : 広報部

最終更新日 : 01 10月 2015 へ 12:04 CEST