このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

04 5月 2007 へ 13:02

第39回カンヌ監督週間セレクション発表

5月17日から27日にかけて行われる第60回カンヌ映画祭と並行して開催される第39回監督週間の作品が発表になり、24作品中10作品が仏製作、共同製作作品として選ばれました。

ガエル・モレル監督:Apres lui(Gloria Films製作)
ジャック・ノロ監督:Avant que j’oublie(Elia Films製作)
サンドリーヌ・ボネール監督:Elle s’appelle Sabine(Mozaique Films製作)
セルジュ・ボゾン監督:La France(Les films Pelleas製作)
ニコラ・クロッツ監督:La Question humaine(Sophie Dulac production製作)
ミア・ハンセン=ラブ監督:Tout est pardonne(Les Films Pelleas製作)

ナディーヌ・ラバキ監督:Caramel(Les Films des Tournelles仏側製作、仏レバノン合作)
ダニエル・アルビッド監督:Un homme perdu(MK2仏側製作、仏レバノン合作)

サンドラ・コグット監督:Mutum(Gloria Films仏側製作、ブラジル仏合作)
トム・カリン監督:Savage Grace(Celluloid Dreams仏側製作、スペイン・アメリカ・仏合作)

中短編部門:
パスカル=アレックス・ヴァンサン監督:Candy Boy(Local Films製作)
ヤン・ゴンザレス監督:Entracte(Epicentre製作)
クラウディーヌ・ナットキン監督:Meme pas mort(Aurora Films製作)
F.J.オッサング監督:Silencio(OSS/100 Films et documents、Chaya Films共同製作)
シルビー・バロ監督:Tel pere, telle fille

Author : 広報部

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Photos

Linked to this news article

Linked films (13)