このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

12 9月 2007 へ 13:02

サンセバスチャン国際映画祭2007

長編16作品が今月20日から29日まで開催される第55回 San Sebastian International Film Festivalのショーレースに名を連ねている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスを代表して The House( Manuel Poirier監督作品)、仏共同制作のBuddha collapsed out of shame( Hana Makhmalbaf監督作品(イラン))が出品されている。

コンペティション外部門では仏・西・ポルトガル共同制作の Inner Life of Martin Frost (The)Paul Auster監督作品 )が出品され、監督は本年度の審査員長も務めることになっている。

 

この他にも以下の作品が発表される。-  L' Homme qui marcheAurélia Georges監督)  - L'Avocat de la terreurBarbet Schroeder監督) - レディ•チャタレーPascale Ferran監督) - 潜水服は蝶の夢を見るJulian Schnabel監督) - Young yakusaJean-Pierre Limosin監督) 

 

また当映画祭はフランス人監督Philippe Garrelに、映画史における、彼の今日までの偉業を讃える予定だと発表している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Author : Grégory Fleuriet

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Linked to this news article

Linked films (13)

Linked individuals (1)

Sorry, your search returned no results.

Show more

Show less