このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

05 9月 2007 へ 09:15

映画『エディット・ピアフ〜愛の賛歌〜』オリヴィエ・ダアン監督&マリオン・コティヤール来日記者会見

来日が2度目という主演の Marion Cotillard と監督の Olivier Dahan が来日。都内で記者会見を行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界の歌姫エディット・ピアフの生涯を描いた『 エディット•ピアフ〜愛の讃歌〜 』は、数々の名曲を世に送り出した不世出の天才ピアフの47年間を描いた涙と喝采の物語である。

 

Q: 偉大なる『エディット・ピアフ』の人生を描くことに対して

A:(オリヴィエ・ダアン監督)『撮影時は俳優陣は勿論、スタッフ全員が“エディット・ピアフ”という偉大な歌手を表現することに全力を尽くしていました。全てに一体感が生まれ、現場には大きなエネルギーが生まれました。それはスクリーンでも感じて頂けると思います。皆がとても集中して仕事をしていました。あまりにもエネルギーにあふれていて、私がサボっていうんじゃないかと感じるくらいです。特にマリオンはすばらしく、役の中に完全に入り込んでいました。

 

Q:偉大なる『エディット・ピアフ』を演じる事に対して

A:(マリオン・コティヤール)『ピアフという人は、フランス人として知らずに過ごす事の出来ない人物なので、勿論曲は知っていましたが、実はこの映画に関わるまで、彼女の人生については全く知りませんでした。シナリオを読んだり、残っている当時の映像などをみて発見していった感じです。その中で彼女のへの親密感を感じる事もでき、偉大さということに対するプレッシャーがなくなりました。勿論、彼女自身を裏切るような事はしまいと思っていましたが、フランス人にとっての“アイコン”であるという点で不安になるという事は全くありませんでした。

 

日本での上映は9月下旬、有楽座ほか全国ロードショー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Author : ユニフランス東京事務所

最終更新日 : 12 5月 2009 へ 09:15 CEST