このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

26 11月 2007 へ 13:26

第8回東京フィルメックス『テヒリム』グランプリ!

第8回東京フィルメックスが先日閉幕した。仏=イスラエル=米共同制作の『 Tehilim 』(Raphael Nadjari)がグランプリを受賞。

東京国際映画祭に引き続き、先週は東京フィルメックスが開催された。この映画祭は、林加奈子氏がディレクターを務め、市川尚三(オフィス北野)氏がプログラムディレクターとして指揮をとっており、フィクションやドキュメンタリーを併せ15以上の長篇映画を発表している。

東京フィルメックスは通常、アジア映画を中心に選出されてはいるものの、今回の『テヒリーム』のように、アジアだけに留まらず広い視点を持っている映画祭である。この他にも、『 To Each His Own Cinema (邦題:それぞれのシネマ)』『 Disengagement (邦題:撤退)』『  Eat For This Is My Body (邦題:食べよ、これは我が体なり)』などフランスが大部分を占める共同製作、4本も発表されている。

今年の審査員は、カンヌ映画祭代表補佐のChristian Jeune、ドイツのジャーナリストDorothee Wenner、映画監督の行定勲、撮影監督の山崎裕などで構成され、審査委員長は韓国の映画監督Lee Chang-dongが務めた。

Author : Valérie-Anne Christen

最終更新日 : 13 5月 2015 へ 13:26 CEST

Linked to this news article

Linked films (4)

Linked individuals (7)

関連会社 (1)

Office Kitano

活動 :  外国への配給 長編映画, 海外製作作品, 製作代表

最近のフィルモグラフィー : , , To Each His Own Cinema, ...

Linked events (1)

media

東京国際映画祭 - 2007

タイプ別検索 : 長編映画フェスティバル

テーマ : 総合

地域ゾーン (1)