このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

18 3月 2008 へ 13:02

カトリーヌ・ドヌーヴ オーストラリアへ

Catherine Deneuveが女優活動を開始して以来初めて、オーストラリアに渡航した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第19回 メルボルン - フレンチフィルムツアー の開催を祝して、ユニフランスではカトリーヌ・ドヌーヴをオーストラリアへ招待した。彼女の出演作であるGael Morel監督作" Après lui"が、オーストラリアでは3月27日に封切られる。配給はPalace Films。

カトリーヌ・ドヌーブは15日に到着するとすぐに、シドニーへ記者会見の為出席。続いて同夜には一般公開の為にPalace Norton Streetに出向いた。18日にはメルボルンにて二度目の記者会見を行い、20日にはオーストラリアの重要都市の一つであるキャンベラでの映画祭オープニングに彼女も出席した。

ユニフランスでは3月5日から4月6日までシドニー、メルボルン、ブリスボン、キャンベラなどを中心に30以上に及ぶフランス映画の上映を援助している。この活動は数年前より続けられ、オーストラリアにてフランス映画の振興の重要な役割を果たしている。

今日のオーストラリアの映画市場では、フランス映画を好む傾向にある。2007年には25作品が配給されており、観客総動員数が130万人を越え、そのうち110万人はフランス語による映画作品である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Author : 広報部

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Photos (8)

Linked to this news article

Linked films (1)

Show more

Show less

Linked individuals (1)

Sorry, your search returned no results.

Show more

Show less

地域ゾーン (1)