このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

30 5月 2008 へ 13:02

アルゼンチンにおけるフランス映画

パリ・ルーヴルホテルにて、5/26から4日間、フランス人アーティストら数十人がアルゼンチン記者達と対談。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インタビュアー:Marcelo Zapata (Ambito Financiero), Fernando Lopez (La Nacion), Horacio Bernades (Pagina 12)

アーティスト:Isabelle Czakja,  Anaïs Demoustier (" Annee suivante (L') / 仮題:翌年 "),  Fabien Onteniente (" Disco "),  Michèle Laroque (" Merry Widow "),  Cédric Klapisch (" パリ "),  Carmen Castillo ("Calle Santa Fe"),  Lambert Wilson (" ダンテ 01 "),  Johan Libéreau (" The Witnesses "),  Olivia Bonamy ,  Catherine Marchal (" やがて復讐という名の雨 "), Anne Consigny (" 潜水服は蝶の夢を見る "),  Isabelle Mergault (" Merry Widow "),  Guillaume Canet (" Ensemble, c'est tout /幸せになるための恋のレシピ ")

アルゼンチンでは2007年度だけで23のフランス制作作品を上映、観客動員は100万人を超えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Author : Grégory Fleuriet

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Linked to this news article

Linked films (9)

Linked individuals (13)

地域ゾーン (1)