このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

04 6月 2008 へ 13:02

マドリッド / フランス映画を歓迎

6/6,7にマドリッドにて第二回フランス映画の交流がなされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニフランスの会長である Margaret Menegoz とICAAのディレクターである Fernando Lara が仏・西両国あわせて170名の参加者を前に、公式に当イベントの開幕した。

プログラムは以下の通り

-CNC(フランス)とICAA(スペイン)そして、スペインプロデューサーのアソシエーションであるFAPAEのメンバーを含め、フランスとスペインでの映画マーケット現状

-スペインにおける新しい映画にかんする法律に関して

-共同製作においての銀行の援助や税務的長所

-映画館での配給とテレビでの配給に関して

-スペイン、フランスでの新しい共同製作プロジェクトの発表と情報交換

この他にも、俳優同士の交流もなされ、ミュンヘン、ロンドン、ローマ、ヴェルサイユに続き第5回目の今回は17名の俳優たちが集い、 José Garcia や Carmen Maura を含め、スペインサイドはErnesto Altiero, Alex Brendemuhl, Aina Clotetm Leticia Dolera, Marta Etura, Barbara Goenaga,Quim Gutierrez, Diego Martin, Natalia Verbekeらが、フランスサイドでは Nicolas Cazalé , Andy GilletHafsia HerziJohan LibéreauVincent MartinezSabrina OuazaniSophie Quinton ,  Clément Sibony が参加した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Author : 広報部

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Photos (3)

Linked to this news article

Linked individuals (12)