このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

24 6月 2008 へ 13:02

第8回フランス映画週間@ベルリン

第8回フランス映画週間が6/27より7/3までベルリンにて開催される。

毎年恒例、ドイツはベルリンにて、いくつかのフランス映画が紹介される。今年は多くのアーティストを迎えて、おおよそ15の最新映画が発表された。その作品は特別先行上映、未発表作品の上映としてお披露目される。

6/27の開会式では" 99 Francs "が、原作者であるFrédéric Beigbederを迎えて開催され、ヨーロッパ連合の新しいフランス人女性会長就任を祝う特別なパーティーも催され、こちらのソワレでは" The Secret of The Grain "の上映が決定している。そしてクロージング作品には今年のカンヌ映画祭でパルムドールに輝いたLaurent Cantet監督作品" Entre les murs / パリ20区、僕たちのクラス "が上映される事になった。

その他、上映予定作品(()内は招待アーティスト):

 パリ (Cédric Klapisch監督&Bruno Lévy(プロデューサー)), Love Songs (Christophe Honoré監督),  ディディーヌ (Vincent Dietschy監督&Géraldine Pailhas(女優)),  Naissance des pieuvres/水の中のつぼみ (Céline Sciamma監督), Jacques Doillon監督の新作 誰でもかまわない(Clémentine Beaugrand(女優)) Cow-Boy (Benoît Mariage監督), Une journée (Jacob Berger監督), 彼女の名はサビーヌNouveau Protocole (Le) , Les trois petits cochons, Prete-moi ta main / 仮題:手を貸してTous à l'Ouest, une nouvelle aventure de Lucky Luke 

同イベントはベルリンのフランス大使館文化部と映画事務局により運営され、ユニフランス、フランステレビ局アルテ、TV5 Monde、RFIの協力により開催されている。公式HPは以下の通り→www.franzoesische-filmwoche.de

Author : 広報部

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Linked to this news article

Linked films (14)