このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

04 7月 2008 へ 13:02

7月/ケベックでのフランス映画4本

ケベックでは、同都市の生誕400年の一環として、今月フランス映画祭を開催する。

 

 

 

 

 

ケベックの配給会社とユニフランスは今回の企画に於いて、新作フランス映画の上映を行う。先行上映やアーティストの来日も大きな見所となっている。

*上映予定新作作品は、以下4作品*

-" Astérix aux jeux olympiques "(Frédéric Forestier  and  Thomas Langmann共同監督 / Aliance Vivafilm配給)「Juste pour rire」映画祭のオープニング作品。

-" Welcome to the Land of Ch'tis "(Dany Boon監督/ Link Production配給)ヨーロッパでの驚異的な動員を誇った作品。

-" Love me no more "(Jean Becker監督/ Les Films Séville配給)

-" The Secret of The Grain "( Abdellatif Kechiche監督/ Métropole Films配給)Abdellatif Kechiche, Hafsia Herziの舞台挨拶あり。

他にも多くのアーティストが地方を含め、宣伝活動を行っている。

3月   -Michel Boujenah, Pascal Elbé (" Trois Amis ")=Filmoption配給, -Eric Guirado (" 食料品屋の息子 ")=Funfilm配給, -Gérard Krawczyk (" L' Auberge rouge ")=TVA Films配給

5月   -Emmanuel Mouret, Virginie Ledoyen (" Un baiser s’il vous plaît ")=K-Film Amérique配給 6月   -Jan Kounen (" 99 Francs ")=Equinoxe Film配給

 ケベックの配給会社との結びつきの強さは最近のフランス映画の売買状況をみても分かる。9つの新作がそれぞれ別の会社から配給されており、この度の映画祭にラインナップしていたり、2008年度の第二期だけでも次々と話題のフランス映画の公開が決まっている。(" パリ " Disco " サガン 悲しみよこんにちは " The Girl from Monaco" など) 

昨年ケベックではフランス制作の作品での成績もよく、32万人動員の" エディット•ピアフ〜愛の讃歌〜 "、20万人動員の" アーサーとミニモイの不思議な国 "、10万人動員の" Ensemble, c'est tout /幸せになるための恋のレシピ "など、記憶に新しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Author : 広報部

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST