このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

20 10月 2008 へ 13:02

Entre les murs

2008年カンヌ映画祭でグランプリを受賞した" Entre les murs / パリ20区、僕たちのクラス "が世界中で次々と公開されている。

スイスでは2週間前8プリントで封切られ、監督のLaurent Cantetは15500人の観客の前に姿を見せた。また先週はベルギーで公開され、24000人の動員数、28プリントでスタート。1プリントに約900人という、まずまずのスタートを切った。
またイタリアでは、最初の1週間で72500人の動員、74プリントで大々的に公開された。同作品はイタリアで、20万人を突破する見込み。同じく、近年沢山のフランス映画が観られており、" Caramel "(26万6千人)、" Persépolis / ペルセポリス "(21万7千5百人)、" きつねと私の12か月 "(30万人)、" The Secret of The Grain "(33万人)などを見ても、その注目度が伺える。
 Cédric Klapisch 監督"paris"も3週間で7万3千人を動員、Jean-Pierre Dardenne & Luc Dardenne 監督の" ロルナの祈り "も1か月に6万1千5百人を動員している。

さて、"Entre les murs"は今後、ポルトガルで10/30公開、スイス・米国で12月上旬が決定しており、2009年度も続々と世界中で公開される。

Author : Grégory Fleuriet

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Linked to this news article

Linked films (7)

地域ゾーン (2)