このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

03 11月 2008 へ 13:02

第3回ローマ国際映画祭授賞式

先日開催された Rome Film Festival - 2008 にて、2つのフランス共同制作作品が受賞。

"Opium War" (Afghan Siddiq監督)が最優秀作品賞を、観客賞には、 Benoît Magimel を主演に迎えた" Résolution 819/U.N.エージェント "(Giacomo Battiato監督) が選ばれた。 審査員特別賞には François Dupeyron 監督の" With a Little Help from Myself "が決定した。同映画祭にAlice nella citta賞が設けられており、8〜12歳の子供たちによる審査が行われる。Philippe Muylは自身の作品Magiqueで、Alice nella cittaの受賞を受けている。

Author : Grégory Fleuriet

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Linked to this news article

Linked films (3)

Linked events (1)

media

Rome Film Festival - 2008

タイプ別検索 : 長編映画フェスティバル

テーマ : 国際映画祭