このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

12 1月 2009 へ 13:02

第11回パリ・ランデヴー開催!

350の配給会社と、120名のジャーナリストが集まる第11回パリ・ランデヴー。今回は1/15〜19まで開催決定。

世界中から配給会社のバイヤーが集う"パリ・ランデヴー"が第11回を迎えた。
仏制作の新作82作品(39作品の未公開作品含む)が取引対象となり、34社の輸出エージェントがそれぞれの作品を持ち寄っている。
Varietyで取り上げられ、このパリ・ランデヴーはヨーロッパで3つ目の大きなフィルムマーケットとして、カンヌ、ベルリンに続き、好評を得ている。

それと同時に、ひとつ上の階にはヨーロッパ・プレス・ジャンケットを設置。
4日間に渡り、アーティストとジャーナリストが対談を実現する場としている。
数週間後、もしくは数ヶ月後に公開を控えた作品のプロモーションの大きな手助けとなっている。
今年は26か国からジャーナリストたちが渡仏しているが、ギリシャ、ケベック、イギリスやドイツは、その中でも最も多くの来場者を記録している。

 Gilles Béat  監督" Diamant 13/いずれ絶望と言う名の闇 "は、金曜夜の式典上映作品として発表される。
また昨年同様に、1/19に閉会式典も企画している。

1/16朝から開かれる記者会見では、 CNC (Centre national du cinéma et de l’image animée) と、 UniFrance によって、世界各国におけるフランス映画の成績などが発表される。

Author : 広報部

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Linked to this news article

Linked films (1)

関連会社 (1)

media

CNC (Centre national du cinéma et de l’image animée)

映画以外の活動 :  機関, UNIFRANCEのパートナー