このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

30 1月 2009 へ 13:02

第59回ベルリン映画祭

毎年恒例の第59回 ベルリン国際映画祭 が今年は2/5〜15まで開催される。

今年のベルリン映画祭では、Compétition officielle部門でRicky(フランス製作)、 Chéri ,  In the Electric Mist ,  London River (以上3作品フランス共同製作)が選ばれている。またこの他にもフランス製作作品としてhors-compétition部門に 刑事ベラミー ,  西のエデン ,  ブロンド少女は過激に美しく の3作品が選出されている。全部門を併せると、フランス映画として紹介される作品は長編作品29本と、短編作品2本に及ぶ。

また、映画マーケットですは、ユニフランスもスタンドを設けている。ここでは14の海外セールスを擁しており、Alfama Films, Bac Films, Coach 14, Doc&Film, Funny Balloons, Futurikon, Le Pacte, Les Films du Losange, Other Angle Picture, Pyramide International, Roissy Films, SND/M6, U Media, Wide Management各社が名を連ねている。

この他にもマリオットホテルにて、フランス人アーティストのインタビューをオーガナイズしている。アーティストとその作品は以下の通り。

 D'Arusha à Arusha ( Christophe Gargot )
 Human Zoo  (Rie Rassmussen )
 Land of Scarecrows  ( Roh)
 London River (Rachid Bouchareb )
 Niloofar  ( Sabine El Gemayel )
 未来の食卓  ( Jean-Paul Jaud )
 Pardon My French  ( Sophie Fillières )

Author : 広報部

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Linked to this news article

Linked films (13)