このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

24 4月 2009 へ 15:31

カンヌ映画祭批評家週間選出作品情報

5/14〜22日、カンヌ映画祭において カンヌ 批評家週間 - 2009 が催され、フランス製作作品(共同製作含む)から4つの長編と5つの短編が発表される。

同部門は、RIen de personnel (Mathias Gokalp監督)のオープニング上映で開幕される。

【長編/コンペティション部門】
さよならゲーリー  (Nassim Amaouche監督)

-Huacho (Alejandro Femandez Almendras監督)
Ordinary People  (Vladimir Perisic監督)

【短編/コンペティション部門】
-C'est gratuit pour les filles (Marie Amachoukeli,Claire Burger共同監督)
-Logorama  (H5)

【短中編/特別上映作品】
-La Baie du renard (Gregoire Colin監督)
-Faiblesses (Nicolas Giraud監督)
Crumbs  (Pierre Pinaud監督)

Author : Grégory Fleuriet

最終更新日 : 28 4月 2009 へ 15:31 CEST

Linked to this news article

Linked films (6)

Linked events (1)

media

カンヌ 批評家週間 - 2009

タイプ別検索 : 長・短編映画祭

テーマ : 総合