このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

09 9月 2003 へ 13:02

トロント国際映画祭-数多くのフランス映画が参加

本年度のトロント国際映画祭では、フランス映画および合作映画の参加が41作品を数え、フランスの存在を色濃く残すものとなりました。

フランスの映画関係者からなる代表団としてEmmanuelle Beart、Nathalie Baye、Laetitia Casta、Bruno Dumont、 Jacques Doillon、 Francois Dupeyron、 Anne Fontaine、 Virginie Ledoyen、Noemie Lvovsky、 Jean-Paul Rappeneau、Omar Sharif らが出席しています。

9月5日、ガラ上映として公開されたJean-Paul Rappeneau 作「Bon voyage」(アメリカ配給:Sony Classics )は暖かい歓迎を受け、またAnne Fontaine の新作「Nathalie... 」(2004年1月7日フランス劇場公開予定)は9月11日ガラ上映を予定しています。

4月以来、「Swimming Pool(スイミング・プール)」、「L’ Auberge espagnole(スペインの宿・仮題)」、「 Le Peuple migrateur(WATARIDORI)」、「l’Homme du train(列車の男)」の4作品が北米の映画館でロングランを続けたように、今回のTIFF(トロント国際映画祭)はフランス映画に好意的な北米、カナダという状況下で開催されました。

Le Peuple migrateur と l’ Homme du train は昨年度のトロント映画祭で初上映されましたが、このことからも国際映画祭のスケジュールに対する本映画祭の戦略的役割が確証されます。

フランス映画全参加作品はここをクリック

フランス代表団はここをクリック

Author : 広報部

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Linked to this news article

Linked films (6)

Linked individuals (11)

Linked events (1)

media

横浜 フランス映画祭 - 1996

タイプ別検索 : 長・短編映画祭

テーマ : フランス映画