このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

要約

09 3月 2004 へ 12:06

フレンチシネマの最新情報 2004年1月・2月のボックスオフィス

「Podium (仮題:ポディウム)」「Les 11 Commandements (仮題:十一戒)」「Les Rivieres pourpres (クリムゾン・リバー2)」の成功により、2月末にマーケットシェア35%の記録を取り戻したフランス映画、まさに“ポディウム(晴れの舞台)”への返り咲きです。

1月末のマーケットシェア17%は、2月末になってみると嫌な思い出に過ぎません。35%のマーケットシェアにより、フランス映画はここ数年来キープしているレベルまで回復しました。実際、年初より約1000万人が映画館でフランス映画を見たことになります。

マーケットシェアを見事に上昇させた原因としては、とりわけ次のコメディー2作品が挙げられます。まずは Yann Moix が自作同名小説を映画化した初監督作品「Podium」。芸術の頂点に達した Benoit Poelvoorde (ブノワ・ポールブールド、「Le Boulet (ル・ブレ)」「Les Randonneurs」「Le Velo de Ghislain Lambert (ギスラン・ランベールの自転車)」「Les Portes de la gloire (栄光のあまりに狭き門)」「C’est arrive pres de chez vous (ありふれた事件)」等に出演)が歌手クロード・フランソワのそっくりさんの快挙を演じるこの作品は、公開2週目にして200万を超えるファンを動員しています。製作 Fidelite Productions (Francois Ozon 監督作品の製作会社)、Exception - Wild Bunch により海外に販売された「Podium」は安定した記録を保っており、輝かしいロングランはまだまだ続きます。

スタイルは異なりますが、お笑い司会者 Michael Youn (ミカエル・ユーン)も快進撃を続けています。1年間に200万を動員したFrancois Desagnat と Thomas Sorriaux 作「La Beuze」に続き、同監督作品による「十一戒」はさらに快調で、公開開始後3週間で220万のファンを集めています。Abel Nahmias 製作、製作会社 Pathe Renn Productions 、配給 Pathe International によるミカエル・ユーンの新作が“Jackass”.現象と共にフランス中に浸透するのも時間の問題でしょう。

コメディー作品と言えば、コミック集団 Robin des Bois のシナリオ・出演、Alain Chabat 演出・製作による「RRRrrr !!!」も挙げられます。StudioCanal 配給による石器時代のユーモア溢れる先史コメディーは、1ヶ月で約170万の観客を動員しました。

スリラー映画では「クリムゾン・リバー」の続編「クリムゾン・リバー2-黙示録の天使達」が第一週目に90万を超える観客を動員し、好調なスタートを切りました(国際配給:StudioCanal、アジア向けは EuropaCorp が担当)。監督 Olivier Dahan 、出演 Jean Reno、 Benoit Magimel 、シナリオ Luc Besson というこの作品は、第一週目に100万人近い観客を動員しており、トータルで320万人を記録した前作に続く勢いです。新しいヒット作品を生んだプロデューサー Alain Goldman (Legende)は既に第三部を準備しています。

その第一部に出演していた Vincent Cassel、彼が出演する Jan Kounen 監督作「Blueberry, l’experience secrete (仮題:MURAYA-ブルーベリー、秘密の経験)」は目下劇場公開中(UGC International)ですが、2週間で60万の観客を動員しました。

昨年度末および今年の1月に公開が始まったその他のフランス映画の中では、入場数100万人にぎりぎり到達したPierre Salvadori 作「Apres vous (仮題:お先にどうぞ)」(Wild Bunch)、公開10週間で約80万人を動員したJacques-Remi Girerd 作長編アニメ「La Prophetie des grenouilles(仮題:カエルの予言)」(StudioCanal)、「Les Ripoux 3 (フレンチ・コップス3)」(入場数約80万人、Gaumont)、 Alain Resnais 最新作「Pas sur la bouche (仮題:口はダメよ)」(入場数60万人、 Pathe International)、Anne Fontaine 作「Nathalie... 」(入場数50万人、StudioCanal)、そしてより通好みの作品では、口コミ評判により動員数20万を越した Abel Kechiche 作「L’ Esquive 」(Films Distribution) が挙げられます。

フランス国内のフランス映画トップ5-2004年1月・2月

作品名公開コピー数入場数売上
(百万ユーロ)
Les 11 Commandements *
(仮題:十一戒)

2月

501

2 141 167

11.8

Podium *
(仮題:ポディウム)

2月

554

2 009 392

11.1

RRRrrr !!! *
(仮題:ガルルルル)

1月

775

1 663 022

9.1

Les Rivieres pourpres 2 *
(クリムゾン・リバー2)

2月

650

908 719

5

Blueberry
(仮題:ブルーベリー)

2月

501

603 784

3.3


* 2004年2月末時点で公開中の映画


Author : 広報部

最終更新日 : 01 10月 2015 へ 12:06 CEST