このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

数字で見た世界

25 3月 2004 へ 13:02

中国での“Fanfan la Tulipe(邦題「花咲ける騎士道」) の快調な滑り出し

中国で3月1日に封切りした Gerard Krawczyk監督のこの映画はすでに25万人の観客を魅了しています。 Fanfanの成功はダイナミックな広報活動( Vincent Perez とGerard Krawczyk 監督が先行上映会の時に中国へ訪問している)と中国全土で120プリントの中国語吹き替え版を含めて900スクリーンで公開されるという配給の広範さが説明しています。
この時期に公開された映画の中で “Fanfan la tulipe”は第一週目の興行で 一番のボックスオフィスを実現しました、にも関わらず厳しい状況です。事実として、中国では上半期の映画観客数は減少傾向にあります。ライバルとしてはハリウッド映画2作品 “Le Sourire de Mona Lisa (邦題「モナリザの微笑み」)”と“Master and Commander(邦題「マスターアンドコマンダ-」)”、また同様に豪華キャストでの中国映画2作品が封切られたばかりです。
Fanfan ノは55万人の観客を動員するだろうと見込まれています。がその反面、ロードオブザリングの第3作“王の帰還”が 3月12日に公開されるため Fanfan ノの入場者数が伸び悩むのではとも言われています。
しかし、Fanfan ノはこれまではハリウッドのメジャーにだけ認められていたシステム、中国での興収を政府と分配できる 権利を認められた(フランス系企業 Tang Media によって初めて実現)フランス映画としてはまれな作品だということを忘れてはいけません。

全ての情報に関しては下記までお問い合わせください。
Gilles Renouard アジアマーケットマネージャー

Author : 広報部

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Linked to this news article

Linked films (1)

Show more

Show less

Linked individuals (2)

Sorry, your search returned no results.

Show more

Show less

地域ゾーン (1)