このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

30 1月 2012 へ 10:37

ミシェル・アザナヴィシウスおよびジャン・デュジャルダン全米映画俳優協会賞を受賞

フランス人監督およびフランス人俳優が脚光を浴びています。ミシェル・アザナヴィシウスが全米監督協会賞を、ジャン・デュジャルダンが全米映画俳優協会賞でそれぞれ最優秀監督賞と最優秀男優賞を獲得しました。

アメリカの映画監督協会が送る、全米映画俳優協会賞(Directors Guild of America Award)で、映画『アーティスト』 が最優秀監督賞に輝きました。ウッディ・アレン、デヴィッド・フィンチャー、アレクサンダー・ペイン、マーティン・スコセッシを差し置いての受賞となりました。フランス人が全米映画俳優協会賞を受賞したのは史上初の快挙。

翌日にはジャン・デュジャルダンが全米の俳優が加盟する組合が送る全米映画俳優組合賞を獲得。これもフランス人俳優がこの賞に輝くのは史上初となります。 1週間前の1月21日には、 フランス映画制作者トマ・ラングマンがアメリカ映画製作者組合賞のダリル・F・ザナック賞/劇場公開映画プロデューサー賞を獲得したばかり。この賞は全米で最も栄誉あるとされる映画製作者のための賞です。

この受賞により10の賞にノミネートされ、ミシェル・アザナヴィシウス、ジャン・デュジャルダン、『アーティスト』はアカデミー賞にもっとも近づいたと言えます。

Author : Grégory Fleuriet

最終更新日 : 17 10月 2012 へ 10:37 CEST

Photos (3)

Linked to this news article

Linked films (1)

Show more

Show less

Linked individuals (7)

地域ゾーン (1)