このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

19 7月 2004 へ 13:02

イザベル・アジャーニの来日に沸く日本

第12回フランス映画祭横浜が閉幕してから数週間もたたないうちに、フランス映画はまたしても日本で話題の的となっています。今回はイザベル・アジャーニの来日フィーバー。

女優の Isabelle Adjani は日本の観客に Benoit Jacquot 監督、ザナドゥ 配給の Adolphe (イザベル・アジャーニの惑い)、そしてJean-Paul Rappeneau 監督、ヨーロッパ・コープジャパン配給の Bon voyage の2作品を紹介するため来日しました。

“永遠の美”の象徴、芸術的完璧さを具現するフランス製の真のアイドル、と称されるイザベル・アジャーニは皇后様の歓待を受けました。記者会見(意図的に100名あまりのジャーナリストに制限)、写真撮影、テレビ番組出演、グラビア撮影、大手日刊紙の表紙撮影、とタイトなスケジュールをこなしています。

プロモーション効果の程は劇場でたちまち現われました。「イザベル・アジャーニの惑い」を7月3日から公開している東京で最も美しいアート系映画館の一つ、シネスイッチ銀座では、記者会見の翌日に観客数が実に約20%も増大しました。一方Bon Voyage は11月に公開が予定されています。

しかし、イザベル・アジャーニの日本での快進撃はこれからです。Xanadeux はアジャーニ出演作を大規模に購入する方針を打ち立てました。実際、ザナドゥではSubway と L'Histoire d'Adele H (アデルの恋の物語)の2作品の再リリースを準備しています。
イザベル・アジャーニのスケジュールは今後数ヶ月間いっぱいです。8月はモントリオールの映画祭、9月はLaurent Tuel 、 Bernie Bonvoisin の作品の準備、そして2004年から2005年にかけて5作品以上の撮影が待っているのです。

Mario Goncallves Ferreira

Author : 広報部

最終更新日 : 23 4月 2009 へ 13:02 CEST

Linked to this news article

Linked films (3)

Linked individuals (3)

関連会社 (1)

media

EuropaCorp

活動 :  Film exports/foreign sales, 共同製作, フランス国内配給, 製作代表

最近のフィルモグラフィー : , , , ...

地域ゾーン (1)