このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Jean Renoir
media

Jean Renoir

15 9月 1894 - 12 2月 1979

俳優, 監督, Adapter/dialogue writer, せりふ作者, プロデューサー, エグゼクティブプロデューサー, シナリオライター, あてレコ, 編集担当, Participant

    プロフィール

    Jean Renoirは画家の父Pierre-Augusteからの遺伝を受け継ぎ、信じられないほどのセンスを持ち、当然のように存在する。Albert Dieudonne監督の映画「Une vie sans joie」の為に初めてシナリオを書く、その後1924年に初めての長編「La Fille de l'eau」を手がける(監督、プロデューサー兼任)。「Sur un air de charleston」 (1927)、La Petite Marchande d'allumettes (1928)この2作品でモダンなスタイルを探索、この時代の活気的な魅力を表現する。

    Toni (1934)の映画でリアリズムに挑戦し、「Octobre」グループと関係を持つ、そこでJacques PrévertとJacques Brunius両監督と知り合い、彼らと共に作家Guy de Maupassantの本「Une Partie de Campagne」を映画化、やがて10年過ぎ完了する。「Le Crime de M. Lange」、「La Vie est a nous」や「Les Bas-Fonds」 (1936)などで自らの思想を表現。

    彼の主な作品は次々と生まれる。「La Grande illusion」 (1937)は大好評、「La Regle du jeu」 (1939)の素晴らしい創作で映画界で最も重要な作品のひとつとなる。第一次世界大戦が開始されると彼は海外へ脱出。恐怖の時代に突入、Charles Laughtonと共に「Vivre libre」、「Salut à la France」、戦争についての映画を作り、「La Femme sur la plage」を俳優Joan Bennettでドラマ製作。
    フランスへ戻り、カラーの時代に入る。色彩鮮やかな時の映画「French Cancan」 (1955)ではJean Gabin、Françoise Arnoul代表的俳優が出演。Renoirは自作映画の芝居的要素に益々興味を覚える。しかし大衆は昔と比べ徐々に熱が冷める。1962年最後の映画 「Le Caporal épinglé」はJean-Pierre Cassel と Claude Brasseur出演。

    Filmography (36)

    Videos

    27/09/2012

    Interview Pascal Mérigeau

    Interview Pascal Mérigeau - MyFFF 2011 (english subtitles)

    ポートレート (12)