このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Charlotte Rampling
media

Charlotte Rampling

活動 : 俳優, オフレコ, Participant

代表: : Time Art

エージェント : Élisabeth Tanner

  • Contents

Filmography (51)

ポートレート (10)

Photos (13)

プロフィール

Charlotte Ramplingは、イギリス軍大佐の娘で、9歳の時に家族でフォンテーヌブローへ移住し、小学校でフランス語を学ぶ。その後イギリスに帰国、姉妹と共に ミュージカルに出演したりモデルをする。Jane BirkinとJacqueline Bissetのように、1965年Swinging London時代を象徴する映画「Le Knack... ou comment l'avoir」でデビュー。Royal Court Schoolで演劇を学びながら、評判ある数本のコメディに出演。しかし姉を突然亡くしたことが大きなショックとなりイギリスを後にする。

イ タリアへ移転し、Charlotte RamplingはLuchino Visconti監督と出会い、1969年「Les Damnés」に出演する。彼女は臆する事無く、SF映画Zardoz (Boorman監督)、1974年映画「Portier de nuit」でSMを演じ大衆の目に留まる。Liliana Cavani監督のこの作品のスキャンダルと成功の的となる、彼女の役はナチスのキャンプから生還し過去の虐待を与えた人と再会、異常な関係を続ける。 「Max mon amour」 1985では、チンパンジーに恋する、彼女の演技の中には人間に存在する気味悪い魂を演じる才能が潜む。アメリカ人達は彼女の不可解な魅力に興味を示し、 Woody Allen「Stardust Memories」1980、Robert Mitchum (「Adieu, ma jolie」)、Sidney Lumet 「Le Verdict」では魔性の女を演じ、監督達は彼女の魅力に溶ける。

70年代後 半、フランスに住み、Boisset監督の映画 (「Un taxi mauve」)、Lelouchの(「Viva la vie !」) と Deray の(「On ne meurt que deux fois」)刑事映画1985に出演。90年代は活動は少なく、2000年映画と芝居に参加「Cerisaie」(桜の園)(チェーホフ著)と Jonathan Nossiter監督の妙な映画「Signs & Wonders」で好評を得る。翌年、François Ozon監督の映画「Sous le sable」でCharlotte Ramplingは、混乱の未亡人役で爆発的な人気を呼ぶ。「Swimming pool」と「Angel」の2本の映画で同監督と再会する。同時に全ての彼女のキャリアについてのセザール名誉賞(César d'honneur)2001、主演女優として様々なジャンルで復活しコメディー (「Embrassez qui vous voudrez」、「Désaccord parfait」)とスリラー(「Lemming」)、芸術的映画 (「Vers le sud」 2006)、ハリウッド的なエンターテイメント(「Basic instinct 2」)に出演し好評を得る。

2008年、次々と活 躍、Saul Dibb監督の映画「The Duchess」で、Keira Knightleyと共演し、本格的レディー役を演じ、Mathieu Kassovitz監督の「Babylon A. D.」で女高司祭役を演じ、Cécile Telerman監督の「Quelque chose à te dire」で毒舌家の母親役を演じる、Maïwenn監督の「Le Bal des actrices」では自分自身の女優としての役を演じる。そして更に新たなジャンルに挑戦、「StreetDance 3D」では、イギリスのコメディーミュージカル、Todd Solondz監督の「Life During Wartime」で失望する女役、Julio Médem監督のコメディドラマ「Caótica Ana」では女スポンサーを適役で演じる。

Comment

INTERNATIONAL CAREER:
2005 – Basic Instinct 2: Risk Addiction – Dir: M. Caton-Jones (USA);
2004 – Jerusalemski sindrom – Dir: D. & J. Sedlar;
2002 – Searching for Devra Winger – Dir: R. Arquette (USA);
2001 – Spy Game – Dir: T. Scott (USA);
2001 – Superstition – Dir: K. Hope (UK);
2001 – The Fourth Angel – Dir: J. Irvin (UK);
2000 – Aberdeen – Dir: H. P. Molland (UK);
1997 – The Wings of the Dove – Dir: I. Softley (USA);
1996 – Invasion of Privacy – Dir: A. Hickox (USA);
1989 – Rebus – Dir: M. Giglielmi (Italie);
1988 – D.O.A. – Dir: A. Jankel & R. Morton (USA);
1988 – Paris by Night – Dir: D. Hare (UK);
1987 – Mascara – Dir: P. Conrad (Bel./Neth./Fr.);
1987 – Angel Heart – Dir: A. Parker (USA);
1982 – The Verdict – Dir: S. Lumet (USA);
1980 – Stardust Memories – Dir: W. Allen (USA);
1977 – Orca – Dir: M. Anderson (USA°;
1976 – Foxtrot – Dir: A. Ripstein (UK);
1975 – Farewell My Lovely – Dir: D. Richards (USA);
1975 – Yuppi Du – Dir: A. Celentano, M. Del Prete & A. Silvestri (Italy);
1973 – The Night Porter – Dir: L. Cavani (Italy/USA);
1973 – Giordano Bruno – Dir: G. Montaldo (Italy);
1972 – Asylum – Dir: R. W. Baker (UK);
1972 – Corky – Dir: L. Horn (USA);
1972 – Henri VIII and His Six Wives – Dir: W. Hussein (UK);
1972 – The Ski Bum – Dir: B. D. Clark (USA);
1971 – Vanishing Point – Dir: R. C. Sarafian (USA);
1969 – Three – Dir: J. Salter (UK);
1969 – Istambul, mission impossible – Dir: R. Corman (USA);
1968 – Sequestro di persona – Dir: G. Mingozzi (Italy);
1967 – Le Long duel – Dir: K. Annakin (UK);
1965 – Rotten to the Core – Dir: J. Boulting (UK);
1965 – The Knack – Dir: R. Lester (UK)

TV :
2003 – Imperium: Augustus – Dir: R. Young (Ger./It/Sp./Aust./Fr/UK);
1999 – Great Expectations – Dir: J. Jarrold (UK);
1996 – La Dernière fête – Dir: P. Granier-Deferre;
1995 – Samson le Magnifique – Dir: E. Périer;
1994 – Murder in Mind – Dir: R. Bierman (UK);
1992 – La Femme abandonnée – Dir: E. Molonaro;
1985 – Le Louvre – Dir: J.-M. Leuwen;
1983 – Infidelities;
1976 – Sherlock Holmes in New York – Dir: B. Sagal (USA);
1972 – Zinotchka – Dir: C. Miles (UK);
1955 – The Stranger – Dir: J. Irvin (UK);

TV SERIES:
2000 – My Uncle Silas – Dir: P. Saville (UK);
1995 – La Marche de Radetzky – Dir: A. Corti & G. Roll (Aust/Ger./Fr);
1961 – The Avengers “The Superlative Seven” – Dir: B. Clemens (UK);

TV DOCUMENTARIES:
2002 – Un jour dans la vie du cinéma français –Dir: J.-T. Ceccaldi & C. d’Yvoire;
2001 – Vamps et femmes fatales du cinéma européen – Dir: N. T. Binh;

THEATRE:
2003 – Petits crimes conjugaux by E.-E. Schmidt (Dir: B. Murat)

ニュース (17)

映画祭でのセレクション (5)

受賞

ヴェネツィア国際映画祭 - 2017

ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 2017)

クープ・ボルピ最優秀女優賞 : Hannah 

代表団 (17)