このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Jeanne Balibar
media

Jeanne Balibar

活動 : 俳優, Director, Screenwriter, あてレコ

代表: : Zelig

エージェント : Jean-François Gabard

  • Contents

Filmography (43)

Sorry, your search returned no results.

Show more

Show less

ポートレート (9)

Photos (8)

プロフィール

Jeanne Balibarは哲学者Etienne Balibar と科学者 Françoise Balibarの娘、若くして様々なアート的な表現に興味を示す、両親と一緒に映画やオペラを観劇し、長期間に渡り文学書を読みダンスを踊る。高いレベル の高等師範学校École normale supérieureでは成績も良く、その後フロラン学校とコンサルバトワール演劇学校の扉を開ける。アビニョンフェスティバルでLassalle監督 「Don Juan」1993で演じる、同年Comédie-Françaiseに入り、1997年退会。

「La Sentinelle」 1992年映画デビュー後(キャストリスト無し)、その後Arnaud Desplechin監督「Comment je me suis disputé...」 1996で気まぐれで男好きな役で出演。1997年Laurence Ferreira Barbosa監督「J'ai horreur de l'amour」で、心気症とエイズ陽性患者の2人の患者に振り回される女医者役で有名になる。芸術的映画の人格俳優に相応しく、1998年 Assayas監督「Fin août, début septembre」に出演(同監督 2003 「Clean」に出演)、1999年「Trois Ponts sur la rivière」、この2本の映画でMathieu Amalric俳優監督と共演後同居、同監督による「Mange ta soupe」 と 「Le Stade de Wimbledon」に出演。

この厳格な女優は特別な雰囲気の声でミステリーな表現を する、加えて軽いユーモアを含み、「Dieu seul me voit」 (1998) Podalydès監督 とCa ira mieux demain... Jeanne Labrune監督 (2000)の2本に出演。更にJacquot と Christophe Honoré、Guillaume Nicloux、Winterbottom監督達の映画に出演、Ruiz 監督の脳ゲーム的な映画(「La Comédie de l'innocence」、2000)に優雅な出演。特にRivette監督の:ヌーベルヴァーグジャンルの「Va savoir」 (2001)で劇役者の役を演じ、「Ne touchez pas la hache」 (2007) Balzac著から映画化で貴族Duchesse de Langeaisの役で出演。Diane Kurys監督Saganの伝記映画で派手な愛人役「Le Bal des actrices」 (2009)では知的なイメージで演じる。

ニュース (5)

Contact

To access public contact details in the UniFrance directory, please log in (or register on our website).

映画祭でのセレクション (5)

受賞

代表団 (7)