このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Vincent Rottiers
media - © Ch. Brachet

Vincent Rottiers

活動 : 俳優

代表: : Artmedia

エージェント : Frédérique Moidon

  • Contents

Filmography (39)

ポートレート (2)

Photos (19)

プロフィール

Vincent Rottiersは中学生から劇に参加。エージェントに依頼するも役が無い。しかし路上でスカウトされる。早くも15歳でChristophe Ruggia監督の「Diables」(2001)で主役を獲得する。まったく信じられないほど自然な演技で、育児放棄された少年が大好きな妹と一緒に何 度も家出をする役を演じる。

その後「Narco」と「La Maison de Nina」に参加し、再び重要な役で「Mon ange」(2005)でVanessa Paradisから助けられる役を演じ、Eric Caravaca監督の「Le Passager」ではJulie Depardieuに保護される役、この映画でセザール有望若手男優賞2007を受ける。

Vincent Rottiersは少しコメディーに挑戦、(「L'Île aux trésors」)に参加し、その後歴史的映画 (「L'Ennemi intime」、「Les Femmes de l'ombre」)に出演。2009年、親密的映画で感情的な役を演じる:Claude MillerとNathan Miller両監督の映画「Je suis heureux que ma mère soit vivante」の実母と扶養家族の間で揺れる少年役、別映画「A l'origine」と「Qu'un seul tienne et les autres suivront」では暴走族の役を演じる。