このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Leïla Bekhti
media

Leïla Bekhti

活動 : 俳優

代表: : Adéquat

エージェント : Grégory Weill

  • Contents

Filmography (20)

ポートレート (17)

Photos (8)

プロフィール

Leïla Bekhtiは高校で演劇を学んだ後、劇に参加しようとするが雑用的な仕事をする。友人によって推薦され、Kim Chapiron監督の「Sheitan」に参加し、Yasmine役に選ばれVincent Casselと共演。好評を得てその後「Paris, je t'aime」(2005)に出演、Roschdy Zem監督の初作品「Mauvaise foi」(2006)で役を取得。彼女の女優キャリアが開始される。映画やテレビ界を交互に活躍:「Ali Baba et les 40 voleurs」 (TV)でGérard Jugnotと共演。

2008年、彼女はフランスの2つの偉大な探偵映画で主演、 Jean-Francois Richet監督の「Mesrine : L'Instinct de mort」でVincent Casselと再会し共演、Jacques Audiard監督の「Un prophète」でカンヌ映画祭グランプリ審査員賞を受賞。大きな仕事と同時期に出身地の北アフリカで製作の親しみのある映画にも参加、Radu Mihaileanu監督のLa source des femmes。2010年、Géraldine Nakache と Hervé Mimranの二名の監督の映画「Tout ce qui brille」に出演し、Anne Depetrini監督の初映画「Il reste du jambon ?」に参加。

ニュース (3)

Contact

To access public contact details in the UniFrance directory, please log in (or register on our website).

映画祭でのセレクション (2)

受賞

代表団 (2)