このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Xavier Lardoux (グザヴィエ・ラルドゥー)
media

Xavier Lardoux

活動 : 代表

  • Contents

Companies linked to the person

ポートレート (3)

プロフィール

グザヴィエ・ラルドゥー(Xavier Lardoux)は、パリ政治学院にて第3課程(博士課程)を修了し、2002年から2008年までパリ市の映画振興プロジェクト「Mission Cinéma」に携わった後、2008年から2010年までパリ市長の文化担当顧問を務めました。その後、2010年にUniFranceの事務局長に就任。2013年からは同社総責任者の助役を務め、2015年3月にCNC (国立映画センター)代表に任命されました。

また、2010年よりパリ政治学院にて講師を務めているほか、映画評論家としての活動も長く、1996年から2010年まで「Etudes」「Esprit」といった専門誌に記事を執筆。その他、文化情報誌「Télérama」による映画名鑑(2009年)、「Petite Encyclopédie de culture générale(文化百科小事典)」(2011年、Ellipses社)の編集に携わり、特に2012年には映画監督ブノワ・ジャコについてまとめた「Le Cinéma de Benoit Jacquot」(イザベル・ユペールによる序文、INA-フランス国立視聴覚研究所Arte)を出版。最近では、文化庁およびCNC から委嘱を受け、「Pour une politique européenne d’éducation au cinéma(映画におけるヨーロッパ教育政策)」の報告書を執筆しました。