このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
太陽が知っている

太陽が知っている

A 長編映画 by Jacques Deray

Produced by Société Nouvelle de Cinématographie (SNC)

Release in France : 31/01/1966

    あらすじ

    太陽がまばゆいサントロペの豪華な別荘でジャン・ポール(アラン・ドロン)とマリアンヌ(ロミー・シュナイダー)は快適な休暇を過していた。しか し、マリアンヌが招待したハリー(モーリス・ロネ)とその娘ペネロープが別荘にやって来てから雰囲気は一変した。ハリーとマリアンヌはかつての恋人同士。 そしてハリーは、ジャン・ポールの前に、今でも彼女を自分のものにする自信があるといい、自分に対し劣等感と憎悪を抱いているジャン・ポールに対し、露骨 に軽蔑の態度をあらわすようになった。一方、マリアンヌは、ジャン・ポールとペネロープの間が心配だった。そして彼女はジャン・ポールを嫉妬させるため、 わざとハリーと戯れた。数日後、ジャン・ポールとペネロープはハリーとマリアンヌが抱きあっている姿を見てしまった。ペネロープは父への反感からジャン・ ポールの恋人になったが、次第に真の愛情を感じるようになっていった。娘を思うハリーは、酒をのんでジャン・ポールと喧嘩した。酔ったハリーはプールに突 き落された。突然ジャン・ポールの胸に激しい憤りがわいた。プールから上ろうとするハリーの顔を、ジャン・ポールは水の中へと押しつけた。ハリーは死ん だ。マリアンヌは事実を知っていたが、なにもいわなかった。ペネロープは母親のもとへ帰っていった。執擁な警察の調べにも、ジャン・ポールは動ぜず、殺人 は完全犯罪となった。しかしジャン・ポールとマリアンヌの仲はもとにもどらなかった。愛し合っていた二人から、殺人者と真実を知りながら沈黙した共犯者と いう結びつきにかわった。彼らのこれからの生活は地獄にかわった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (9)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Société Nouvelle de Cinématographie (SNC)

    Film exports/foreign sales :

    SND Groupe M6

    海外製作作品 :

    Tritone Cinematografica

    フランス国内配給 :

    Société Nouvelle de Cinématographie (SNC)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (11)

    監督補佐 :

    Jean Mylonas

    Dialogue Writers :

    Jean-Claude Carrière, Jacques Deray

    Producers :

    Gérard Beytout, René Pignières

    フォトディレクター :

    Jean-Jacques Tarbès

    編集担当 :

    Paul Cayatte

    作曲家 :

    Michel Legrand

    Adapters/dialogue writers :

    Jean-Claude Carrière, Jacques Deray

    原作者 :

    Alain Page

    Screenwriters :

    Jean-Claude Carrière, Jacques Deray, Alain Page

    撮影技師 :

    Jean-César Chiabaut

    装飾 :

    Paul Laffargue

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ, フィルム・ノワール

    テーマ :

    殺人

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1968

    フランス公開 :

    31/01/1966

    上映時間 :

    1 時間 48 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    34501

    ビザ発行日 :

    31/01/1969

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル

    Posters (4)

    監督