このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Should Mathilde Be Loved ?

A 長編映画 by Edwin Baily

Produced by 3B Productions

Release in France : 24/11/1993

    あらすじ

    This is the story of Mathilde - her loves, hopes and disappointments. She is shown being hurt and being hurtful. She is sometimes victim, sometimes victorious, she can be loving, seductive, raving mad, gentle, wise, untrustworthy. Mathilde knows how to resist, to refuse, to defend herself and yet let's herself get taken. She is shown playing all of love's games with skill.
    Given what we're shown of Mathilde her entourage, her men, her career, her children and extended family, a pressing question arises : should we really love her ?

    俳優 (8)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    3B Productions

    海外製作作品 :

    Paradise Films

    フランス国内配給 :

    Swift

    Co-productions :

    Hamster Productions, Pictanovo

    Film exports/foreign sales :

    Tadrart Films

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (9)

    製作代表 :

    Jean Bréhat

    フォトディレクター :

    Pierre Laurent Chenieux

    報道担当(映画) :

    Thierry Lenouvel, Isabelle Buron

    装飾 :

    Thomas Peckre

    Costume designer :

    Claire Catteau

    Screenwriters :

    Edwin Baily, Luigi Angelis (de)

    録音技師 :

    Philippe Fabbri

    Editor :

    Dominique Galliéni

    作曲家 :

    Arno

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    ベルギー, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (ベルギー, フランス)

    製作年 :

    1993

    フランス公開 :

    24/11/1993

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    80.273

    ビザ発行日 :

    08/09/1993

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66