このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Rome 11:00

Rome 11:00

A 長編映画 by Giuseppe de Santis

Produced by Transcontinental films

Release in France : 24/10/1952

    あらすじ

    Based on an actual incident, this is the story of five girls (told in a slow beginning) who are among the 200 women who answer a want ad for a modest secretarial position one rainy morning in Rome in 1951. They crowd and push their way into the old building and fight their way up the stairs to await an interview, only to be told there is not enough time to interview all. A scuffle breaks out and the stairway collapses sending many of them hurtling down in a mass of bodies amid brick and mortar. Among them are the well-born wife of a poor artist;, a streetwalker making an attempt to change her life; an unhappy servant girl; and the desperate wife of an unemployed factory worker. How the event changes or fails to change their lives is told.

    Source : IMDb

    俳優 (12)

    映画製作・配給会社 (3)

    海外製作作品 :

    Titanus Produzione

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (8)

    Assistant directors :

    Elio Petri, André Pergament

    海外プロデューサー :

    Goffredo Lombardo

    製作部長 :

    Louis Wipf

    作曲家 :

    Mario Nascimbene

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1951

    フランス公開 :

    24/10/1952

    上映時間 :

    1 時間 42 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    12462

    ビザ発行日 :

    24/10/1952

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (4)

    監督