このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
哀しみのスパイ

哀しみのスパイ

A 長編映画 by Éric Rochant

Produced by Lazennec & Associés

Release in France : 01/06/1994

  • Contents

俳優 (21)

映画製作・配給会社 (4)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (16)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

アリエル(イヴァン・アタ ル)は18歳の誕生日を迎えた直後、パリを離れテルアビブに来た。祖国イスラエルの諜報組織モサドのスパイになるためだ。4年後、アリエルはヨシ(ヨシ・ バナイ)による訓練を終え、準備期間を無事クリアー。いよいよ初めての任務。それは核の脅威からイスラエルを守る為に、フランスの原子力科学者から情報を 入手するという厄介なものだった。任務のさなか、アリエルはパートナーとして組んだ高級娼婦マリー=クロード(サンドリーヌ・キベルラン)に一目惚れ。だ が、工作は失敗、マリー=クロードは消息を絶ってしまう。失意も癒えないうちに、次の仕事として情報提供者であるアメリカ人のペルマン(リチャード・メイ サー)と接触を持つが、利用価値がなくなるとモサドは彼を捨てた。アリエルはモサドでのスパイ生活に虚しさを覚え、久しぶりに姉ローレンス(クリスティー ヌ・パスカル)をたずねる。彼はモサドでの仕事を克明に綴った日記を彼女にひそかに渡そうとするが、姉が交際しているというダニエル(イポリット・ジラル ド)が制止した。彼もモサドの一員だったのだ。上司のヨシは「物事を悪くとらえすぎてはいかん」とアリエルを諭す。その直後。アリエルは空港で死んだはず のマリー=クロードに再会する。二人は空港の一室で愛を交わすのだった。

クレジットタイトル詳細 (21)

製作代表 :

Alain Rocca

Associate producers :

Adeline Lecallier, Christophe Rossignon

Co-producers :

Gérard Louvin, Boudjemaa Dahmane

録音技師 :

Jean-Jacques Ferran

撮影技師アシスタント :

Stéphane Cami

製作部長 :

Xavier Amblard

Editor :

Pascale Fenouillet

スクリプト :

Olivia Bruynoghe

作曲家 :

Gérard Torikian

メイク :

Nathalie Tissier

スチールマン :

Guy Ferrandis

監督補佐 :

Paolo Trotta

シナリオライター :

Éric Rochant

フォトディレクター :

Pierre Novion

音声アシスタント :

Laurent Zeilig

撮影技師 :

Jean-Marc Bringuier

報道担当(映画) :

Dominique Segall, Myriam Bruguière

Sound editor :

Sylvie Gadmer

装飾 :

François Comtet

Costume designer :

Marie Malterre

サウンド・ミキサー :

Dominique Dalmasso

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

推理, ドラマ

テーマ :

スパイ, 政治

言語 :

フランス語, 英語, ヘブライ語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1994

フランス公開 :

01/06/1994

上映時間 :

2 時間 22 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

79.296

ビザ発行日 :

14/04/1994

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビー

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (2)