このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Dernier domicile connu

Dernier domicile connu

A 長編映画 by José Giovanni

Produced by Valoria Films, Cité Films, Parme production, Simar Films

Release in France : 25/02/1970

    あらすじ

    Police inspector Léonetti, a tough, efficient policeman, has been sent to a second-rate police station after being reprimanded. There he is given a partner, young and beautiful Jeanne Dumas. The duo are soon assigned a very difficult mission: to find a man whose evidence is instrumental in convicting a murderer. They start searching throughout Paris...

    Source : IMDb

    俳優 (50)

    映画製作・配給会社 (4)

    海外製作作品 :

    Rizzoli Film

    フランス国内配給 :

    Valoria Films

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (15)

    原作者 :

    Joseph Harrington

    シナリオライター :

    José Giovanni

    フォトディレクター :

    Étienne Becker

    音声アシスタント :

    Jacques Berger

    Production managers :

    Jacques Rouffio, Louis Daquin

    Assistant editor :

    Marie-Geneviève Ripeau

    作曲家 :

    François de Roubaix

    スチールマン :

    Georges Pierre

    Producers :

    Jacques Bar, Marcel Berbert, Lino Ventura

    Foreign producers :

    Hercule Mucchielli, Angelo Rizzoli

    録音技師 :

    René-Christian Forget

    撮影技師 :

    Patrice Wyers

    Editor :

    Kenout Peltier

    装飾 :

    Jean-Jacques Caziot

    Costume designer :

    Michèle Cerf

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    スリラー

    テーマ :

    殺人

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1969

    フランス公開 :

    25/02/1970

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    36151

    ビザ発行日 :

    25/02/1970

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー