このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Pile ou face

Pile ou face

A 長編映画 by Robert Enrico

Produced by FDR Production

Release in France : 30/08/1980

    あらすじ

    地 方都市、ボルドー。ある夜、中年のサラリーマン、モルレックス(J・カルメ)の妻が7階の窓から落ちて死んだ。掃除をしていて誤って落ちたのだろうという 結論で解決したかのようにみえたが、1人の刑事がある疑いをモルレックスにもった。バローニ(フィリップ・ノワレ)というベテラン刑事だ。彼は執拗に調査 を続けモルレックスの周辺を探る。彼は2年前に妻を失っている。一方、平凡な毎日に何のよりどころもないモルレックスは、唯一、太平洋の小島“タルア”へ 旅することを長い間の夢としていた。たびたび顔を合わせることになった彼らは、お互いに奇妙な親近感を抱き出した。そして、モルレックスがタルア行きの切 符を買ったことを知るバローニ。彼はモルレックスが向かいのアパートに住むテレビの女性アナウンサー、ローレンス(ドロテ)に好意を抱き、彼女とタルアに 行くことを夢みて邪魔になった妻を殺したのではないか……と思い始めた。しかし、現実には観光旅行の切符を手配したのは彼の妻だった。そして、全てがモル レックスの告白で明らかになった時、バローニにはそんなことはどうでもよくなっていた。彼はもう刑事の身ではなくなったのだ。やがて二人は夢にまでみた太 平洋の海へと船出してゆくのだった。そして船の中でモルレックスはバローニに語った。「あんたも奥さんを殺したんだろ」……。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (14)

    映画製作・配給会社 (3)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (14)

    Assistant director :

    Claire Denis

    原作者 :

    Alfred Harris

    エグゼクティブプロデューサー :

    Bertrand Javal

    フォトディレクター :

    Didier Tarot

    撮影技師 :

    Didier Tarot

    Editor :

    Patricia Neny

    作曲家 :

    Lino Leonardi

    せりふ作者 :

    Michel Audiard

    プロデューサー :

    Georges Cravenne

    Screenwriters :

    Michel Audiard, Gary Graver, Marcel Jullian

    録音技師 :

    Alain Lachassagne

    製作部長 :

    Alain Belmondo

    装飾 :

    Jean-Claude Gallouin

    サウンド・ミキサー :

    Jean Nény

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    推理

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1980

    フランス公開 :

    30/08/1980

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    50316

    ビザ発行日 :

    24/07/1980

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル