このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
愛のために死す

愛のために死す

A 長編映画 by André Cayatte

Produced by Franco-London Films

Release in France : 20/01/1971

    あらすじ

    ルーアンのある高校の新任数師ダニエル(アニー・ジラルド)は、二児の母親で三十歳、夫と別れて、今は独身である。喫茶店での雑談、車座を組んでの 講義など型破りの教師ぶりに生徒の人気は集まる一方であった。十七歳の生徒ジェラール(ブルーノ・プラダル)もグループの一人でいつもダニエルと行動をと もにしていた。彼の両親は、初め息子と若い女教師との交際を喜んではいたが、やがて母親(モニーク・メリナン)の方が、女の敏感さから、二人の間に危険な ものを感じた。初めは好意をもってダニエルを迎えていた父親のルゲン(フランソワ・シモン)も急に彼女に敵意をみせ、二人の交際を禁じた。怒ったジェラー ルは、家を飛び出し、ダニエルのもとに走り、いまでははっきり師弟の仲を越えた愛を確かめ合った。五月革命のさ中、純粋な愛に生きようとする二人に、頑な な両親の憎悪は、ダニエルに向かいまた生徒の父兄も、醜聞を消せと署名を集めた。ダニエルは聞き入れず、ついに教師の職を追われた。一方生徒たちは、二人 の力になろうと、ダニエルの所へ集まってきた。ルゲン夫妻は息子をダニエルから引き離すため、民生委員に訴えて、ルアンから遠い山中の寄宿学校に転校させ た。しかし万聖節(十一月一日)に、ダニエルは約束通りジェラールを訪ね、再会の喜びにふるえた。その後、すぐに学校につれ戻されたジェラールは遂に学校 を逃げ出し、仲間の手引で、ルアン郊外の採石場の小屋に身を潜め、ダニエルとの逢瀬を重ねた。ここにいたって、ルゲンはダニエルを相手どり、未成年誘拐の 訴訟を起こした。彼女は予審判事(クロード・セルヴァル)の取調べを受け、家宅捜索の結果逮捕されて刑務所送りになってしまった。ジェラールは、ダニエル を気づかい、ダニエルの釈放を条件に、非行少年院に入いる決心を固めた。しかし、父親のさしがねで、精神病院に入れられたジェラールは、堪え切れず、遂に 病院を抜け出して、ダニエルのアパートへ走った。ジェラールの父親はサン・マロの祖父の許へ息子を預けることを提案し、一度は断ったジェラールもとうとう 承知した。祖父の監視の目は厳しく、ここでも苦しい日々を余儀なくされたジェラールを見て、ダニエルは彼の自由と引きかえに、再び刑務所入りを決意した。 しかし、今度は、刑務所内の不幸な人たちのために、積極的に動いたことが逆に大きな失意の結果となって、ダニエルは気力を失なっていった。そして一月半 後、未青年者誘拐の裁きを受けるため、刑務所を出たダニエルは、次の日法廷に立った。判決は有罪、しかし執行猶予一年、しかも特赦の恩恵に浴することを認 められた。喜びに弾んだ教え子たちが集まって、彼女のアパートでジェラールを待っていた時、不幸な知らせが入った。検察側の上告であった。ジェラールは、 更に戦う力を養おうと療養所に入ったが、それは逆に、孤独のとの厳しい戦いであった。すでに立ちなおる気力を失なったダニエルは、ジェラールとの再会を 願った、が、連絡の行違いでそれも果たされず、失意のうちに一人さびしく死んでいった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (42)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Franco-London Films

    Film exports/foreign sales :

    LCJ Editions & Productions

    海外製作作品 :

    Cobra Film

    フランス国内配給 :

    Compagnie Commerciale Française Cinématographique (CCFC)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    Director André Cayatte was a longtime opponent of the antiquated French legal system, so it's not surprising that the cards are stacked in favor of the teacher and student, with their accusers depicted in the foulest, ugliest terms. Adding to the film's partisan approach is the fact that the screenplay is based on a story written by the real Gabrielle Russier's attorney. To Die of Love is shameless in its manipulation of the audience; it also has the saving grace of being extremely well produced.

    Source : allmovie.com

    クレジットタイトル詳細 (12)

    監督補佐 :

    Alain Bonnot

    せりふ作者 :

    Pierre Dumayet

    Screenwriters :

    André Cayatte, Albert Naud

    録音技師 :

    René-Christian Forget

    編集担当 :

    Boris Lewin

    作曲家 :

    Louiguy

    Adapter/dialogue writer :

    Pierre Dumayet

    プロデューサー :

    Lucien Massé

    フォトディレクター :

    Maurice Fellous

    製作部長 :

    Henri Jaquillard

    装飾 :

    Robert Clavel

    スチールマン :

    Roger Corbeau

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :


    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス)

    製作年 :

    1970

    フランス公開 :

    20/01/1971

    上映時間 :

    1 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    37371

    ビザ発行日 :

    25/11/1970

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル

    Posters (2)

    監督