このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Irony of Chance

Irony of Chance

A 長編映画 by Édouard Molinaro

Produced by Progefi

Release in France : 30/04/1974

    あらすじ

    This quirky French film examines a series of events during the German occupation of France and shows what might have happened if one thing had gone differently in each instance. The first story given this treatment concerns the assassination of a German officer by a young member of the Resistance.

    Source : allmovie.com

     

    俳優 (14)

    映画製作・配給会社 (3)

    Co-productions :

    O.R.T.F., Ugc

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (10)

    製作代表 :

    Christine Gouze-Renal

    Adapters/dialogue writers :

    Édouard Molinaro, Pierre Kast, Paul Guimard

    フォトディレクター :

    Alain Levent

    製作部長 :

    Claude Hauser

    作曲家 :

    José Berghmans

    Assistant directors :

    Dominique Cheminal, Philippe Monnier

    原作者 :

    Paul Guimard

    Sound recordists :

    Jacques D'Ovidio, Jean Labussière

    Editors :

    Monique Isnardon, Robert Isnardon

    スチールマン :

    Georges Pierre

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    運命

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1973

    フランス公開 :

    30/04/1974

    上映時間 :

    1 時間 22 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    41417

    ビザ発行日 :

    15/03/1974

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー&白黒

    Audio format :

    モノラル