このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ポーラの涙

ポーラの涙

A 長編映画 by Michel Deville

Produced by Parc Film, Marianne Productions

Release in France : 26/03/1969

    あらすじ

    パリの新聞のスポーツ記者ジェローム(F・アブロン)はある夜、不思議な女の子に出会った。緑色の瞳をもったその少女はジェロームの部屋までついて きた。彼女をベッドに寝かせたジェロームは、その首のクサリのプレートに、ポーラと刻まれてあるのを見た。翌朝ポーラ(E・スワン)を置いて出社したジェ ロームは、社会面に、彼女の写真がのっているのを見て驚愕。“富豪ユーゴ・ミケリの令嬢行方不明"。急いで帰宅したが、彼女は姿を消していて、彼は逆に二 人の男にミケリ(B・クレメール)のところへ連れていかれてしまった。軟禁をとかれ社に戻ったジェロームはポーラが、自動車事故で死亡したという記事を読 んだ。不審に思った彼は、社会部のディミトリ(M・デュショッソワ)に事故の詳細を聞いた後、さっそく捜査を開始。そして、ポーラが先妻のつれ子であるこ とと、彼女にかけられた三億フランの保険金をミケリが受けとることになっていることをつきとめた。しかし、彼には大金持のミケリが、たった三億フランのた め娘を殺すとは思えなかった。その日、ラグビー試合中継のテレビカメラが、ポーラの姿をとらえた。競技場へ向ったジェロームを、一通の手紙がまっていた。 その指定の場所に彼が出かけると、ミケリの妻エーブ(A・ステュワート)が待っていた。しかし、それはジェロームにかけられた最初の罠だった。彼女からあ ずかった札束のため、彼は警察の訊問をうけた。しばらくたってそのエーブから謝罪の電話があり、ポーラに会わせる、と言って来た。しかし、約束の別荘に ジェロームがついた時、そこに在ったのはエーブの死体であった。殺人の嫌疑をかけられた彼は編集長の家にかくまわれた。この容易ならぬ事態に、ディミトリ も友人エテルー警部(J・ドウストープ)とともに、ミケリを、徹底的に洗いはじめた。捜査の網の目にとらえられたのは、やはりミケリであった。彼は先妻の 子ポーラの保険金目当てに擬装事故をしくみ、それをかぎつけたエーブをも、殺してしまったのだ。すべての疑惑がとかれ、自由の身になったジェロームだった が、その彼の前から、無事だったポーラはまたも姿を消した。ファンタジックな想い出を残して……。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (27)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Parc Film, Marianne Productions

    フランス国内配給 :

    Paramount Pictures (France)

    Film exports/foreign sales :

    Playtime (ex Films Distribution)

    クレジットタイトル詳細 (10)

    Adapter/dialogue writer :

    Nina Companeez

    Producers :

    Mag Bodard, Henri Michaud

    フォトディレクター :

    Claude Lecomte

    Production managers :

    Philippe Dussart, Michel Choquet

    装飾 :

    Claude Pignot

    Dialogue Writer :

    Nina Companeez

    Screenwriters :

    Michel Deville, Nina Companeez

    録音技師 :

    André Hervée

    Editor :

    Nina Companeez

    作曲家 :

    Jean-Jacques Debout

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1969

    フランス公開 :

    26/03/1969

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル