このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
マイ・ラブ

マイ・ラブ

A 長編映画 by Claude Lelouch

Produced by Les Films 13

Release in France : 15/04/1974

    あらすじ

    時は昔。誕生したばかりの手動式撮影機が取り持つ縁で男(シャルル・デネール)と女は、知り合い、結ばれた。第1次大戦。戦線で従軍カメラマンとし て活躍の男のところに、息子誕生の電報。だが男は戦死した。悲しみの母子。一方、戦勝でご機嫌の将軍は、踊子(マルト・ケラー)に惚れ、すぐに結婚。女児 が生まれるが、その子の実の父は将軍の副官。将軍は怒り、2人は殺される。時は流れた。第2次大戦が始まり、映画はサイレントからトーキーへと進む。ナチ 収容所より故郷へむかう列車の中、男が娘に恋をした。男の名はゴールドマン(C・デネール)、女の名はラシェル(M・ケラー)。終戦をむかえ、映画がモノ クロからカラーになった頃、2人の間に女児が生まれた。名前はサラ(M・ケラー)。でもラシェルは死んでしまう。ゴールドマンは今や、ヨーロッパの大手靴 メーカーを経営していた。そしてラシェルに生き写しのサラを溺愛する彼は、サラの14歳の誕生日に馬を、16歳の時にジルベール・ベコー(本人)の生の歌 をプレゼントする。以後、ベコーを愛するサラだが、彼に捨てられ、彼女はマリリン・モンローの死んだ日に自殺を計った。ちょうどその頃、盗んだ車でモン ローのニュースを聞きながら事故を起こした若者がいた。名はシモン(アンドレ・デュソリエ)。戦争孤児で感化院、アルジェ戦線とやってきた彼は、刑務所よ り脱走中の事故だったのだ。やがて、刑務所に戻ったシモンは、囚人の顔写真を撮るシャルロ(シャルル・ジェラール)より写真撮影を学ぶ。一方、サラの方は 傷心をいやすため、父と共に世界一周の旅に出、父は娘に人生を語り、娘は新しい男をみつけようとした。そして娘サラは男を1人みつけて結婚するが破局、父 も急死した。そのころシモンはブルーフィルム作りからCF界に進出し、CFのグランプリを獲得。映画作りに本腰を入れている。また、サラの方は弁護士との 新たなる結婚にも破れ、死んだ父の遺言通りイスラエル援助のため、アメリカへ募金運動を行なってもらいに出発することとなった。本当は重苦しい今の生活か らの逃走でもあったのだ。ともかく、彼女はニューヨークへ行くため空港へむかう。一方、シモンも映画の誕生から3代にわたる愛の大ロマンの映画を製作中 だ。その気分転換にニューヨークへ。夕もやの中、サラとシモンは飛行機の中で偶然隣り合せになる。やっとめぐり逢えた2人。シモンの映画の完成は1974 年4月23日のことであった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (30)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films 13

    Film exports/foreign sales :

    Les Films 26

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (19)

    Assistant directors :

    Elie Chouraqui, Jean-Marc Pertus, Alain Basnier

    Screenwriters :

    Claude Lelouch, Pierre Uytterhoeven

    フォトディレクター :

    Jean Collomb

    音声アシスタント :

    Gaston Demède

    撮影技師 :

    Claude Lelouch

    報道担当(映画) :

    Arlette Gordon

    Assistant editor :

    Francesca Orsoni

    作曲家 :

    Francis Lai

    スタントマン :

    Rémy Julienne

    サウンド・ミキサー :

    Alex Pront

    プロデューサー :

    Claude Lelouch

    海外プロデューサー :

    Angelo Rizzoli

    録音技師 :

    Jean-Louis Ducarme

    撮影技師アシスタント :

    Charles Jobert, Jacques Lefrancois

    製作部長 :

    Pierre Pardon

    編集担当 :

    Georges Klotz

    装飾 :

    François Lamothe (de)

    Foley artist :

    Daniel Couteau

    Costume designer :

    Colette Baudot

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    愛, 戦争

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1974

    フランス公開 :

    15/04/1974

    上映時間 :

    2 時間 30 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    41646

    ビザ発行日 :

    16/05/1974

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー&白黒

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)

    オスカー  - 1976

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1976)

    Selection

    Nomination for Best Original Screenplay : Claude Lelouch, Pierre Uytterhoeven