このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
新ドイツ零年

新ドイツ零年

A 長編映画 by Jean-Luc Godard

Produced by Peripheria

Release in France : 16/04/0097

  • Contents

俳優 (6)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Peripheria

Film exports/foreign sales :

Télédis

Associate producer :

Gaumont

フランス国内配給 :

Action Cinémas - Théâtre du Temple

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

新ドイツ零年』(しんどいつゼロねん、Allemagne année 90 neuf zéro、「ドイツ 90 九/新 零年」の意)は、1991年(平成3年)に製作された、ジャン=リュック・ゴダール監督のフランス映画である。日本でのビデオ邦題は『ゴダールの新ドイツ零年/レミー・コーション最後の冒険』(-さいごのぼうけん)であった。

Source : Wikipédia.

Subject

1990年(平成2年)10月3日、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)にドイツ民主共和国(東ドイツ)が加入する形でドイツ再統一がなされ、それを機に、アンテーヌ2のドキュメンタリー番組『孤独: ある状態とその変容』の一篇として企画された作品である[1]。本作のタイトルはロベルト・ロッセリーニの『ドイツ零年』(仏題 Allemagne année zéro、1948年)が下敷きにあり、「1990年」の「90」、「9」という意味と「新しい」という意味をもつ「neuf」を付け加えたものである。
『アレクサンドル・ネフスキー』

ロッセリーニのイタリア映画『ドイツ零年』や、ドイツの映画監督F・W・ムルナウの『最後の人』(1924年)、ロシアの映画監督ボリス・バルネットの『青い青い海』(1935年)、ロシアの映画監督セルゲイ・エイゼンシュテインの『アレクサンドル・ネフスキー』(1938年)等が直接引用され、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル、ライナー・マリア・リルケ、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテといったドイツの哲学者、詩人、作家のことばが引用され、フランツ・カフカのようなプラハのドイツ語作家のテクストも引用されている。

1950年代の映画シリーズでレミー・コーションを演じて人気を得たエディ・コンスタンティーヌは、1965年(昭和40年)にゴダールが監督した『アルファヴィル』でもレミーとして登場し、同作からちょうど25年の年月を経て、ふたたびレミーを演じている。ドン・キホーテとサンチョ・パンサがミゲル・デ・セルバンテスの小説そのままの姿で登場する。

同年11月のためのテレビ放映版に4分加え、ヴェネツィア国際映画祭の長篇基準に合わせた上で、「映画」として完成させた。同年9月、ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞にノミネートされ、ゴダールがイタリア上院議長賞金メダル、音響部門に金のオゼッラ賞を受賞した。日本での劇場公開が、世界初公開である。

Source : Wikipédia.

Photos (7)

クレジットタイトル詳細 (6)

監督補佐 :

Frédéric Jardin

シナリオライター :

Jean-Luc Godard

Sound recordists :

Pierre-Alain Besse, François Musy

Producer :

Nicole Ruellé

フォトディレクター :

Christophe Pollock

製作部長 :

Romain Goupil

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

実験

テーマ :

歴史, 哲学

出身 :

スイス, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (スイス, フランス)

製作年 :

1991

フランス公開 :

16/04/0097

上映時間 :

1 時間 2 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

90.604

ビザ発行日 :

02/08/1996

CNC助成 :

いいえ

Audio format :

モノラル

Posters (3)

監督

映画祭でのセレクション

ヴェネツィア国際映画祭 - 1991

ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1991)

Selection

公式コンペティション

受賞

ヴェネツィア国際映画祭 - 1991

ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1991)

賞 (2)

上院議長金メダル賞

oselle d'or賞