このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
愛の誕生

愛の誕生

A 長編映画 by Philippe Garrel

Produced by Why Not Productions

Release in France : 22/09/1993

  • Contents

俳優 (16)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Why Not Productions

海外製作作品 :

Vega Film

フランス国内配給 :

Wild Bunch Distribution

共同製作 :

Arte France Cinéma

Film exports/foreign sales :

The Bureau Sales

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (4)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

人生の後半にさしかかった2人の中年男が寒いパリの街中を煙草をふかしながら歩いている。1人はポール(ルー・カステル)で俳優をやっており、家には妻ファンション(マリ=ポール・ラヴァル)と思春期の息子ピエール(マックス・マッカーシー)がいる。もう1人ははマルキュス(ジャン=ピエール・レオ)で作家で、恋人エレーヌ(ドミニク・レイモン)と同棲している。ポールには家庭外にウルリカ(ヨハンナ・テル・ステーヘ)という恋人がいる。ウルリカはベッドでヴェルナーという初恋の男のことを語る。そしてポールの元を去る。ポールは家庭に戻る。新たにポールに娘が生まれる。マルキュスは作家だが作品の発表の発表の場もなく、書こうとしない。エレーヌはマルキュスの元を去るが、マルキュスは仕事中の彼女に会い、連れ戻す。家庭内でのポールはことあるごとに妻ファンションと衝突する。そんなとき友人の家の食事の席でウルリカに再会し、共に夜を過ごす。明け方、息子ピエールから怒りの電話を受ける。ポールのやることにいちいち批判的な息子ピエールも父ポールを愛しているのだ。ウルリカは再度ポールの元を去る。家庭に戻って、ファンションはポールにカリフという昔に恋人のことを語る。ポールはカフェで自分のファンだという若い女(オレリア・アルカイス)と恋に落ちる。ポールは赤ん坊の世話に疲れ、ファンションと激しい口論をした挙句、鞄に身の回りのものを詰め、家を飛び出していく。背後からは息子の声が響いてくる、「パパ、パパ!」ポールとマルキュスは車でローマに向かう。車内でポールはマルキュスに自分の父親について語る。マルキュスは仕事で滞在中のエレーヌに会う。眠っているポールはあの若い女のことを思い出す。パリに戻ってきたポールはその若い女に会う。彼女と昼に会う約束をして、キスをして別れる。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (11)

製作代表 :

Pascal Caucheteux

フォトディレクター :

Raoul Coutard

報道担当(映画) :

Agnès Chabot

作曲家 :

John Cale

Sound mixers :

Alain Garnier, François Musy

演出助手 :

Cyrille Bragnier

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

出身 :

フランス, スイス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, スイス)

製作年 :

1993

フランス公開 :

22/09/1993

上映時間 :

1 時間 34 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

80643

ビザ発行日 :

08/09/1993

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.66