このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ピアニストを撃て

ピアニストを撃て

A 長編映画 by François Truffaut

Produced by Films de la Pléiade

Release in France : 25/11/1960

    あらすじ

    人生に諦めを抱いているシャルリー(シャルル・アズナヴール)はパリのカフェ「マミイ」でピアノ弾きをしながら幼い弟フィードを養っている。彼にはあと二 人身持の悪い弟がいた。或る冬の夜、その弟シコ(アルベール・レミ)が助けを求めて来たことから、またしても不幸は襲った。ギャングをまいて逃げてきたシ コにかかわりあうのが腹立たしかったシャルリーも、店に現れたギャングを見てやむを得ず協力した。支配人プリーヌは大いに興味を抱いた。店の給仕女レナ (マリー・デュボア)はそんなシャルリーに思いを寄せ、彼の心の扉を開かせたいと願っていた。ある日、壁の古いピアノ・リサイタルのポスターを見た彼は、 レナに過去を語り始めた。彼は本名をエドゥアル・サロヤンといい、国際的に有名なアルメニア出身のピアニストだった。彼はピアノ教師、妻のテレーザ(ニ コール・ベルジェ)はレストランで給仕をしていた。彼女が店で知合った興行主ラルス・シュメールによって彼は認められその才能ゆえに瞬く間に名声を得た。 リサイタルの終った夜、周囲はその成功を讃え沸いていた。そんな幸せな彼に、テレーザは「今の幸福は一つの恥辱の上に築かれているのです」といい出した。 興行主シュメールはエドゥアルの出世と引換えにテレーザの体を求めたのだった。いつかは許してもらえると信じているものの、彼女はこの秘密をいつまでも自 分の胸に隠しておくことが堪えられなかった。彼はそんな彼女を許そうとしたが、このショックにすぐには自分の気持を言い表せなかった。夫のそんな様子に絶 望したテレーザは彼の眼の前で窓から投身自殺をしてしまったのだ……。シャルリーの過去を知ったレナは、圧えきれぬ愛しさと同情を感じ、愛をうちあけた。 シャルリーもそんな彼女に強くひかれた。レナは彼にもう一度エドゥアル・サロヤンに戻るよう誓わせた。そこで二人はつれだって「マミイ」に行き、やめたい と申し出た。レナに横恋慕していたプリーヌとそこで喧嘩になりレナを庇おうとしたシャルリーは誤ってプリーヌを殺してしまった。シコを追っていた二人の ギャングはフィードを人質に、シコとリシャールをおびきよせようと国境近い山小屋に逃げていた。それを知ったシャルリーとレナは、フィードをとり返そうと かけつけた。やがてピストルの射合いになり、その一弾を胸にうけたレナはシャルリーに見守られながら白雪を鮮血に染めて息たえた。エドゥアル・サロヤンの 夢もレナと共に眠ってしまった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (16)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Films de la Pléiade

    French distributors :

    NEF Diffusion, Cocinor

    Film exports/foreign sales :

    MK2 Films (ex MK2)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (5)

    クレジットタイトル詳細 (17)

    制作担当者 :

    Roger Fleytoux

    Adapter/dialogue writer :

    Marcel Moussy

    原作者 :

    David Goodis

    Screenwriters :

    François Truffaut, Marcel Moussy

    撮影技師アシスタント :

    Jean-Louis Malige

    製作部長 :

    Serge Komor

    スクリプト :

    Suzanne Schiffman

    音楽編曲 :

    Félix Leclerc, Boby Lapointe

    製作秘書 :

    Luce Deuss

    監督補佐 :

    Robert Bober

    せりふ作者 :

    François Truffaut

    プロデューサー :

    Pierre Braunberger

    フォトディレクター :

    Raoul Coutard

    撮影技師 :

    Claude Beausoleil

    Editors :

    Claudine Bouché, Cécile Decugis

    作曲家 :

    Georges Delerue

    スチールマン :

    Robert Lachenay

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    フィルム・ノワール

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1959

    フランス公開 :

    25/11/1960

    上映時間 :

    1 時間 18 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    22.836

    ビザ発行日 :

    11/07/1960

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし

    Posters (8)

    監督

    映画祭でのセレクション