このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
トリュフォーの思春期

トリュフォーの思春期

A 長編映画 by François Truffaut

Produced by Simar Films, Les Productions Artistes Associés, Les films du Carrosse

Release in France : 17/03/1976

  • Contents

俳優 (20)

映画製作・配給会社 (2)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

フランス中部の平和な小都市。パトリック(ジョーリー・デムソー)の学校に新入生が入ってきた。彼の名前はジュリアン(フィリップ・ゴールドマン) といい、どこか陰のある少年だった。パトリックはいまや思春期の真盛りで、美容院を経営する友人ローラン(L・デブラミンク)の美人のママに夢中である。 ワンパク少年たちの社会科を受け持つリシェ先生のアパートでも、毎日、子供たちのドラマが生まれている。2歳になったグレゴリーはペットの飼猫をベランダ まで追いかけて、十階から墜落。だが幸運にも落下地点が軟土だったのが幸いした。キョトンとしたグレゴリーを見て、ママの方が気絶。一方、同じアパートに 住む8歳になるシルヴィー(シルヴィー・グレセル)は、両親同伴の外出を拒否したために部屋に閉じ込められた。やがて空腹になったシルヴィーは拡声器でア パート中の住人に届くように「お腹が空いたッ」と連呼。気の毒がった隣人たちは、ロープとカゴを使ってパンや果物をシルヴィーの部屋へ運んでやった。ク ローディオとフランクのルカ兄弟はリシャール(リシャール・ゴルフィー)の散髪代800フランをまきあげ、なれない手つきでリシャールの頭を刈りこんでし まう。その頭を見て怒ったリシャールの父は、ローランの店へどなりこんだ。一方、パトリックのローランのママに対する想いはつのるばかりで、ついに意を決 して花束を彼女に渡した。ところが彼女がパトリックに言った言葉は「お父さんによろしく」だった。身体検査の時、ジュリアンの身体が生傷だらけなのが発見 され、彼の母親と祖母が幼児虐待の罪で逮捕された。学期末最後の日、リシェ先生は経験と心情を踏まえて子供たちに大演説をぶった。子供たちはその言葉を しっかりと受けとめたようだ。待望の夏休みはメランドール林間学校で過ごすことになった。そしてパトリックはマルチーヌ(パスカル・ブリュション)という 可愛い子と知り合い、友人たちのひやかしを受けながら初めてのキスを体験するのだった……。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

Small Change (French: L'Argent de poche) is a 1976 French film directed by François Truffaut. The title translates to "Pocket Money" from French, but since there was a Paul Newman movie called Pocket Money, Steven Spielberg suggested the title Small Change for US release. In English-speaking countries outside North America the film is known as Pocket Money. The film had a total of 1,810,280 admissions in France making it one of Truffaut's most successful films.

Acclaim
When released, Small Change amassed critical acclaim. It was nominated for a Golden Globe for Best Foreign Film. Vincent Canby of the New York Times called Small Change "an original, a major work in minor keys" and Pauline Kael described it as "that rarity, a poetic comedy that's really funny." Roger Ebert named it his favorite of the year, calling it a "magical film" and singled out the windowsill scene as "Truffaut at his best." Leonard Maltin gave the movie four stars (out of four) and called it "wise, witty and perceptive." The film was also entered into the 26th Berlin International Film Festival.

Source : Wikipedia

Videos

22/10/2014

トリュフォーの思春期

Trailer English

Photos (4)

クレジットタイトル詳細 (13)

Assistant directors :

Alain Maline, Suzanne Schiffman

プロデューサー :

François Truffaut

フォトディレクター :

Pierre-William Glenn

Production managers :

Marcel Berbert, Roland Thénot

Assistant editors :

Jean Gargonne, Muriel Zeleny, Stéphanie Granel

装飾 :

Jean-Pierre Kohut-Svelko

Costume designer :

Monique Dury

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1975

フランス公開 :

17/03/1976

上映時間 :

1 時間 44 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

43.719

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

モノラル

Posters (3)

監督

ニュース

映画祭でのセレクション (2)

ベルリン国際映画祭 - 1976

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1976)

Selection

Official Competition

受賞

ベルリン国際映画祭 - 1976

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1976)

賞 (2)

"Berliner Morgenpost" 読者賞

OCIC Award - Recommendation