このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Last Woman

The Last Woman

A 長編映画 by Marco Ferreri

Produced by Les Productions Jacques Roitfeld

Release in France : 21/04/1976

    あらすじ

    Gérard is an engineer who is married to Gabrielle and has a nine-month-old son, for whom he cares deeply. When his wife leaves him for feminist reasons, he is left with custody of their son. To satisfy his romantic longings, Gerard embarks on an affair with Valérie, his son's daycare worker. However, Gabrielle fights for custody of the child, and when Gérard's affair with Valérie threatens his custody chances, Gérard responds by mutilating himself.

    Source : Wikipedia

    俳優 (8)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Les Productions Jacques Roitfeld

    フランス国内配給 :

    Columbia France

    海外製作作品 :

    Flaminia Film

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (11)

    製作代表 :

    Jacques Roitfeld

    Screenwriters :

    Rafael Azcona, Marco Ferreri, Dante Matelli

    フォトディレクター :

    Luciano Tovoli

    撮影技師 :

    Romano Albani

    装飾 :

    Michel de Broin

    Costume designer :

    Gitt Magrini

    監督補佐 :

    Bernard Grenet

    海外プロデューサー :

    Edmondo Amati

    Sound recordists :

    Louis Gimel, Jean-Pierre Ruh

    編集担当 :

    Enzo Meniconi

    作曲家 :

    Philippe Sarde

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    女らしさ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1975

    フランス公開 :

    21/04/1976

    上映時間 :

    1 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    44712

    ビザ発行日 :

    26/03/1976

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Posters (2)

    監督

    映画祭でのセレクション