このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

A Day in the Death of Sarajevo

A 長編映画 by Alain Ferrari, Thierry Ravalet

Produced by Odessa Films

製作年 : 1993

    あらすじ

    "Un jour dans la mort de Sarajevo" is a film by Thierry Ravalet and Alain Ferrari, with a commentary by the young philosopher Bernard-Henri Lévy. Ravalet and Lévy met in Sarajevo in June 1992, in the midst of the bloody fighting. At Lévy's urging, Ravalet returned to Sarajevo for five weeks, from August 13 yo september 17, 1992, in order to record all aspects of the seige on film. The resulting film shows "a day in the life" of Sarajevo, with everybody heroic in the midst of dead and bombings.

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Odessa Films

    共同製作 :

    France 3 Cinéma

    クレジットタイトル詳細 (7)

    製作代表 :

    Yannick Bernard

    シナリオライター :

    Bernard-Henri Levy

    録音技師 :

    Stéphane Billiau

    編集担当 :

    Yann Kassile

    エグゼクティブプロデューサー :

    Jean-Marc Henchoz

    フォトディレクター :

    Thierry Ravalet

    製作部長 :

    Sylvette Frydman

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1993

    フランス公開 :

    上映時間 :

    1 時間 3 分

    経過状況 :

    ニュメロ·デ Visa :

    82.662

    ビザ発行日 :

    29/06/1919

    CNC助成 :

    不明

    カラータイプ :

    カラー

    Directors (2)

    映画祭でのセレクション (2)